Evernoteのノートを晒す企画に乗ってみた

2011/04/22 | Evernote

@rashita2さんのブログで開催されている企画 Evernote企画5th:第0回:「ノートブックリスト、共有しませんか」企画 に私も乗っかり、ノートブックの一覧と、その使い方に

続きを見る

Nozbeの使い方(タスク入力に必要な数秒をギリギリまで削りたい)

2011/04/13 | Nozbeの使い方

クラウドサービスのメリットは、ネットに接続できる環境さえあれば接続するデバイスを問わないことですね。 このブログでも力を入れて紹介しているNozbeも、クラウドベースのタスク管理サービスです。 職場で

続きを見る

Nozbeの使い方~その12(社内ミーティングの実践方法)

2011/03/03 | Nozbeの使い方

個人的な業務効率化も必要ですが、それ以上に大切なのが一緒に仕事をするチーム全体での効率化を図ることです。 その方法は色々ありますが、先ずは皆でGTDをワークフローに取り入れ、作業の漏れや、重大なミス

続きを見る

タスク管理(GTD)のツールを秘書で擬人化してみた

2011/03/02 | Nozbeの使い方

■OutLook 秘書の中ではかなりのお局様、タスク管理よりは、メッセージの伝達、アドレス管理、スケジュール管理が主な仕事。 GTDはあまり理解出来てなく、細かなタスク管理と言うより、大まかなプロジ

続きを見る

次の行動(Next Action)

2011/02/16 | Nozbeの使い方 ,

Nozbeでは作成したタスクリストの中から「次に行動するアクション」を選択することが出来ます。これは大量のタスクリストの中から、今あなたが「今」実行出来るタスクのみを表示させる事で、他のタスクやプロ

続きを見る

プロジェクト

2011/02/15 | Nozbeの使い方

プロジェクトを並べ替えるには? 順番を変えるには、プロジェクトをドラッグして好きな所にドロップして下さい。 なぜNozbeではサブプロジェクトを作れな

続きを見る

頭の中をスッキリ(Inbox)

2011/02/14 | Nozbeの使い方

Nozbeのインターフェイスが日本語化されたのですが、ヘルプページの日本語訳がかなり怪しいので、画像を入れりして、もう少し分かり易くしたいと思います。@NozbeJapanの方へ、もし使える内容で

続きを見る

Nozbeの使い方~その11(信頼できるシステムについて)

2011/02/10 | Nozbeの使い方 ,

■信頼できるシステムとは何か? GTDの最初のステップとして、頭の中にある気になる事全てを信頼できシステムに預ける というものがあります。 この信頼できるシステムと言う言葉の意味す

続きを見る

メールソフトBeckeyをクラウド化するハック

■PCインストール型か、それともWebベースか? メールのクライアントってなに使ってます?僕はBeckey マイクロソフト系、モジラ系など色々渡り歩いた結果、やはりこれに落ち着きました。

続きを見る

Nozbeの使い方~その10(意外と便利なワンクリック)

2011/02/02 | Nozbeの使い方 ,

タスクレビューを行う際に知っておくと便利な機能を一つ紹介します。 Nozbeはこういった細かいところ、ユーザーの痒い所に手が届いている感じがとても好きですね。 例えばタスクレビュー

続きを見る

仕事術だけではどどまらないGTDのもう一つの側面

■GTDによって変わった一つの事 仕事術としてのGTDを実践する過程で、自分の内面が大きく変わった事がひとつあります。 たいした話ではないのですが、何か気になること、問題が

続きを見る

ストレスフリーを実現するため毎朝確実にレビューしているタスクリスト

■Nozbeのタスクリスト Nozbeのタスクリストの中で、リピート設定を行い、毎朝仕事を始める前、確実にレビュー・実行しているものがあります。 具体的にはこの様なリストになります。 inbox

続きを見る

東ラ研タスク管理分科会Vol.3に参加しました

2011/01/27 | 日記的な物

これで三回目となるタスク管理分科会。 今回も前回と同じくらい、いやそれ以上に盛り上がったと思います。 今回のテーマはGTDのフローを通じて、年間目標を見つけましょう、そしてみんなでシェアー

続きを見る

作業の効率化を突き詰めたら机からマウスが無くなった

■マウスが無い仕事机 左手を効率的に使う事で、日常的に行っているpcの操作をどこまで早く、効率的に行う事が出来るかを突き詰めた結果がこの仕事机です。 見て頂ければわかるように、私の机には

続きを見る

Nozbeの使い方~その9(ブックマークレット機能でGmail との連携が完璧になった)

2011/01/15 | Nozbeの使い方 , ,

Nozbeのアップデートで追加されたブックマークレットが思いのほか便利なので使い方、設定方法について紹介します。 ■ブックマークを使う場面 通常ブックマーク機能を使う場面として考えられる

続きを見る

NozbeのiPhoneアプリがバージョンアップしました

2011/01/01 | 日記的な物

久しぶりにNozbeのiPhoneアプリがバージョンアップされました。 おっ!っと思って確認しましたが、今回のバージョンアップはデザインのみの変更のようです。 ▼アップデートのお知らせ

続きを見る

Nozbeの使い方~その8(Googleカレンダーとの相性ばっちり )

Nozbeのインターフェイスがちょっと変わったなぁ~と思っていたら、変わったのは見た目だけではなくNozbeの使い方にぐっと広がりを持たせるようなアップデートが含まれていました。 Nozbeのア

続きを見る

Nozbeの使い方~その7(NozbeとEvernoteを連携させる)

Nozbeの売りの一つがEvernoteとデータ連携が出来ることです。 もちろんNozbe本体の機能にも、作業に必要なメモを残せるNote機能や、作業に必要なファイルをアップロード出来る機能

続きを見る

Nozbeの使い方~その6(紙に印刷すると便利)

2010/12/06 | Nozbeの使い方 ,

複数のメンバーで仕事を進める際に定期的に行なうミーティング。 その中で、作業の進捗確認、新たなタスクの洗い出し、そしてそれらのタスクを各担当にアサインしますよね。 その打合せ資料として、

続きを見る

Nozbeの使い方~その5(ショートカットを使いこなそう)

Nozbeでは必要な操作の全てについてショートカットが準備されていますので、覚えておくと結構便利ですよ。 ■通常画面でのショートカット i - inboxを表示 n - next

続きを見る

Nozbeの使い方~その4(タスクリストの共有)

2010/10/11 | Nozbeの使い方 ,

メールによるタスクの送信 ツールと言うのは実際に使ってみないと、作り手がその中に実装したした機能の意図を理解出来ないものですね。 会社のチーム間でプロジェクト(タスク)の共有を行うために、No

続きを見る

Nozbeの使い方~その3(ラベルとコンテキストの使い分け)

2010/10/08 | Nozbeの使い方 ,

■ ラベル 複数のシングルアクション(タスク)が集まったものがプロジェクトとなり、複数のプロジェクトが集まったものが一つの仕事だとすると。 一般的な会社員の場合、1人で複数の仕事(案件)を担

続きを見る

Nozbeの使い方~その2(Outlookから乗り換えた理由)

今回は、Outlookで実践していたGTDのタスクリストを、Nozbeに移した際に感じた事について紹介したいと思います。 こちらのブログでは、Outlookを基本ツールとしてGTDを実践する方法

続きを見る

Nozbeの使い方~その1(基本に忠実なGTDアプリ)

2010/10/05 | Nozbeの使い方 ,

あたり前と言えばそれ迄ですが、Nozbeで扱われるタスクの流れ(収集→処理→レビュー→実行)はGTDの基本思想に忠実です。 もちろん、GTD自体がタスク管理を行うための思想であり、実践方法や使用

続きを見る

デュアルディスプレイの環境は驚くほど快適!

私は土木設計のエンジニアなので、普段の仕事内容はAutocadで(PCで図面を作成する専用ソフト)で図面を書き、エクセルで計算書を作成し、ワードで報告書を書くことです。 その中でも一番割合が高い

続きを見る

東ラ研タスク管理分科会の感想

2010/09/11 | 日記的な物

先週の日曜日に開催した東ラ研タスク管理分科会の感想について報告したいと思います。参加した皆さんが早ばやと記事をアップされているのを横目にしながら、なかなか記事を書き終わらずこんなに遅いアップになっ

続きを見る

NozbeのアップデートでGoogleカレンダーとの連携が完璧になった!

こちらのエントリーでも紹介したように、プライベートに関するGTDのタスク管理はNozbeで行うことにしました。 EverNoteとのデータ連携が出来ることと、Googleカレンダーへのスケジュー

続きを見る

EverNoteでGTDのベースを作る

前々からプライベート関連のGTDを実践するのにどんなシステムを構築しようかと模索していたのですが、ようやくEvernote⇒Nozbe⇒googleカレンダー⇒Outlookカレンダーの流れで決ま

続きを見る

(仮称)東ラ研タスク管理分科会を準備してます

2010/08/13 | 日記的な物

7/25日に開催された東京ライフハック研究会Vol.1の分科会として、(仮称)東ラ研タスク管理分科会を立ち上げることになりました。 私とヨシナさんの二人が中心となり、これから募集するスタッフと一

続きを見る

仕事のタスク、プライベートのタスク

最近GTDがただのタスク管理の手法ではないと言うことに、何となく気がついた感じです。これはこれまでの数年間、GTDの守備範囲を仕事のToDo管理にのみ使用していた頃には全く気づくことが出来なかった

続きを見る

東京ライフハック研究会の感想など

2010/07/28 | 日記的な物

すでに沢山の方が研究会のレポートを書かれているので、詳細については割愛し、全体を通して感じたことを書いてみたいと思います。 他の方のレポート一覧は @matubizさんのブログが最新だと思います

続きを見る

OutlookとGoogoleカレンダーの連携

外出先や Outlookがインストールされていない場合、Outlookの代替としてGoogleカレンダーを使うことが出来ます。 無料で使えるウェブカレンダーは色々ありますが、操作性や

続きを見る

東京GTDオフ会の感想など

2010/06/16 | 日記的な物

遅くなりましたが、5月30日に渋谷のカラオケボックスで開催した東京まったりGTDオフ会の感想についての感想記事をアップしたいと思います。 ・参加者 ヨシナさん: @447life toR

続きを見る

WBS(Work Breakdown Structure)という業務管理手法について

2010/05/20 | 日記的な物 ,

photo credit: Leo Reynolds via photopin cc 私がGTDに出会う前、仕事のマネジメント手法としてWBSというシステムを使っていました。 WBSとは(

続きを見る

「三上」で生まれたタスクを捕まえる~その2

2010/05/16 | GTD

「三上」で生まれたタスクを捕まえる 前回のエントリー「三上」で生まれたタスクを捕まえる~その1では、三上(馬上、枕上、厠上)と呼ばれる人がリラックスしている時に生まれたアイデア(タスク)をGTD

続きを見る

「三上」で生まれたタスクを捕まえる~その1

2010/05/10 | GTD

photo credit: Big Max Power (BMP) via photopin cc 昔から人が新しいアイデアを思い付く事が出来る場所を「三上」と呼んでました。 これは約10

続きを見る

仕事術から仕事力、そして人間力へ

2010/04/23 | 日記的な物

photo credit: dsevilla via photopin cc @rashita2さんのプログ R-style「仕事術」の体系を俯瞰してみたいで私のコメントを取り上げて頂い

続きを見る

複数の仕事を並行して進める方法

2010/04/18 | GTD ,

photo credit: Techhie via photopin cc 仕事の悪循環を絶つには 複数のプロジェクトを進める際、私が気を付けているのは、一つのプロジェクトがどん

続きを見る

タスクリストと週間スケジュール

2010/04/10 | GTD

photo credit: skyseeker via photopin cc 中、長期的な仕事のスケジュールを考える際、すぐに着手出来る「アクション」以外のタスク、例えば「通常作業」「作業見極め」

続きを見る

タスクをカレンダーに表示するメリット

photo credit: rox sm via photopin cc 前回のエントリーで、タスクをカレンダー上に落とし込む手順について説明しましたが、これを行うことによって得ることの出来

続きを見る

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

Evernoteは第一の脳の機能を減退させるか(その1)

第二の脳は第一の脳を損なうか?  DEMICOUPER C

EvernoteのiOSアプリでリマインダ登録が簡単にできるようになった

EvernoteのiOSアプリがバージョンアップして、ノート

Evernoteのチェックボックスが少しだけ変わった

たいした内容ではないのですが、おっ!っと思ったので記事にします。 あ

Evernoteの同期速度が明らかに向上した件

これまでのEvernoteはノートの編集後、メニュー内の同期アイコンを

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑