EvernoteをPostrousの下書きツールとして使う

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 Evernote

Pocket

メールを送るだけで、何となくいい感じの記事が書けるPosterousですが、記事の中に複数の画像を入れようとすると少し面倒でした。

今日紹介するのは、Evernoteのメールを使ったノート共有機能を使い、もっと簡単に画像付きの記事をPosterousへ投稿する方法です。

例えば以下の画像の様なパソコン画面の一部を記事に入れたい時には、Evernoteのキャプチャー機能を使い、画像ファイルを文章の中に挿入します。
ScreenClip(16)

投稿する際には、ノートを右クリックして 共有→ メールで送信 を選択します。

ScreenClip(15)

表示されたメール送信画面の宛先に、Posterousへのメール投稿用アドレスを入力し送信すればOKです。

実際に投稿した記事はこちらの記事

日刊モヨリNo.165 http://moyori.posterous.com/no165

このEvernote経由の記事投稿を行うにはPosterousの設定画面で、Evernoteのメルアドを登録しておく必要があります。

ノートの共有機能が実装された事で、他のサービスへの連携という新たな可能性が生まれました。使い方はまだまだ手探り中ですがアイデア次第では色々なことが出来そうですね。

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

今回のアップデートで伺えるEvernoteが進もうとしている二つの方向性

β版ではありますが、今回のバージョンアップの中に興味深い内容がありましたので紹介したいと思います。

記事を読む

no image

iライフログが復数のGoogleカレンダーに保存出来るようになった

今回のバージョンアップで、カテゴリー毎に保存するGoogleカレンダーが選択できるようになりました

記事を読む

目指せ完全なinboxゼロ!MailboxとNozbe、Evernoteの連携方法

前回の記事では、Mailboxの課題だったGmailのラベルを対応させる方法について紹介しました。

記事を読む

Evernoteのノートを晒す企画に乗ってみた

@rashita2さんのブログで開催されている企画 Evernote企画5th:第0回:「

記事を読む

我が子に贈るEvernote

「父親は夭折すべし」 父が手帳の片隅に書いていた言葉です。 真意は定かではないですが、歳を取

記事を読む

Evernoteで検索しても見つからないノートを見つけやすくする方法

Evernoteへ保存しているノート数が増えてくると、検索機能がどんなに優秀でも目的のノートがなかな

記事を読む

Windows版のEvernoteクライアントで表の幅を変えられるようになった

たしかMac版では既に実装されている機能だと思いますが、Windows版でもセルの幅を変更することが

記事を読む

Evernoteを使い始めてすぐに人に送るEvernoteを使いこなすためのたった一つのステップ

■情報が多すぎることの弊害 何故こんなにEvernoteが好きなのか? その答えは人それぞれかもし

記事を読む

Evernoteのデータ同期が早くなった!測ってみたら2倍以上

Evernoteのサーバーがシステムをアップグレードし、データの同期速度が4倍になったとのお知らせが

記事を読む

iライフログを使って本気でログを取ってみた

前回の記事ではジオフェンスを使った自動ログの方法について紹介しました。 iライフロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスを他の人に広げる方法

   photo credit: dmitryzh

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑