これはマジック!複数の写真をアップロードするだけで三次元CGモデルを作ってくれるソフト

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 日記的な物

Pocket

未来を感じさせられるソフトがあったので、ダウンロードしてみました。


試したのは、Autodesk社がリリースした123DCatchという3DCGソフトです。
通常3DCGのモデリングを行なう場合、3D空間で描画した線や面を押し出したり、回転させたりしながら、複雑な形状を作っていきます。(最近のモデラーはどうなんでしょう?もっと簡単になったのかな??)


今回紹介するこの123DCatchは、そのようなモデリング作業を必要とせず、複数の写真をクラウド上のサーバーにアップロードするだけで、自動的に3Dモデルを作ってくれます。
では具体的な方法を説明したいと思います。


■アカウントの作成〜インストール
このソフトを使用するには、Autodeskのアカウントを作成する必要があります。

ScreenClip(123)
△アカウントの作成は、画面右上の【Join US】から、同じ画面でソフトのダウンロードも出来ます。

■写真の撮影
写真から3DCGモデルを作成するには、異なる視点から撮影した最低でも3枚の写真が必要です。


出来れば360度、全ての角度から撮影すると、対象物を完全にモデル化することができます。写真の撮影方法や、3D化に相応しくないモデルがあるようですが、詳細はチュートリアルビデオを見て下さい。英語ですが、見ればすぐに理解出来る内容です。

 
123D Catch – Create Your Own 3D model: Planning your shoot – YouTube


今回撮影したのは、盛岡駅で購入した新幹線(はやぶさ)のお菓子箱。撮影はiPhoneアプリのOneCamで行い、PictShareでDropboxにアップロードしました。

撮影した写真はこんな感じです

ScreenClip(124)

■写真のアップロード
それでは、撮影した写真を使ってモデルを作ってみましょう。
ソフトを立ち上げ、アップロードする写真を選択します。

ScreenClip(125)

選択が完了したら、アップロードのボタンをクリック。ここで、Autodeskのアカウント作成に使用したメールアドレスを入力します。
写真はサーバーに送信され、自動的にモデル化されますので、暫く待ちましょう。

 

■実際に出来たモデル
アップロードして実際に出来上がったモデルがこちらです。
写真の撮影方法が悪く、試用出来ない写真が複数枚有ったため、歪な形となってしまいました。

ScreenClip(127)ScreenClip(128)

 

■公開されているサンプル
こちらが、上手に出来上がった3Dモデルの例ですね。360度の全方向から綺麗に見ることの出来るモデルが出来ています。

△これはTheTarmiyaさんの息子さんが作った粘土細工をモデル化したものだそうです。

 

現時点では、このソフトをどう活用するか思いつきませんが、面白い使い方が見つかれば改めてシェアしたいと思います。

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

no image

日刊モヨリNo.211 (ウガンダ日記)

グルでの最後の朝ごはん。 皿を一枚割ってしまった。。 2011/07/22 7:15

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.215 (ウガンダ日記)

※帰国の一日目が抜けていたので、それを繋げて再アップ さて、明日も早いから寝ることにしよう。

記事を読む

WBS(Work Breakdown Structure)という業務管理手法について

photo credit: Leo Reynolds via photopin cc 私が

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.221 (東ティモール日記)

今日も朝からいい天気! 本日はホテルの部屋で来週から訪問する現場の場所を調べたりと、資料整理

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.210 (ウガンダ日記)

久しぶりに鏡をみたら、見事な焼けっぷりに驚いた! 2011/07/20 7:10 

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.222 (東ティモール日記)

* 2011年10月16日 日曜日- 11:14 これからマリアナの現場に向かいます。

記事を読む

Twitterへの自動投稿プラグイン動作テスト

サイトへの投稿を自動的にTwitteにポストするプラグインの動作確認。

記事を読む

第二領域のタスクを生活習慣に取り入れるための3つのステップ

photo credit: Pete Boyd via photopin cc 7つの習慣

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.209 (ウガンダ日記)

ウガンダのニュースでナデシコのニュースを見た。 ダイジェストを見たけど、すごい試合だったんだね。

記事を読む

わが子に贈るライフハック

「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」 この本はタイトルを思い浮かべるだけで目に涙が浮かびます。 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスを他の人に広げる方法

   photo credit: dmitryzh

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑