Evernoteのノートコピー機能が地味に便利な件

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 Evernote

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

Evernoteのクライアントバージョンが4.4.0にアップグレードし、ノートのコピー機能が実装されました。
個人で使う分には、同じ情報のノートを複数作ることになるコピー機能は全く必要のないものでしたが、ノートブックの共有機能の実装後、このコピー機能がないことで非常に不便を感じていました。
例えば、自分のノートブックから共有しているノートブックに情報を移すには

・ノートの中身を全選択してコピー
・共有ノートブックに新規ノートを作りペースト

という手順が必要です。

簡単な工程ではありますが、通常のソフトでは普通に出来そうな操作のため、ここまでしてノートをコピーしようとする気が起きませんでした。

■新しいコピー機能

新しいバージョンでは、ノートの右クリックでノートのコピーが行えます。
一度複写を行ったノートブックは、メニューの一覧に表示されるので、簡単にコピーが出来るようになっています。

ScreenClip(11)

その他のノートブックにコピーする際には、右クリックメニューのノートブック(N)を選択します。

ScreenClip(12)

ノートの複写先は自分のノートブックだけでなく、他のユーザーから招待を受け共有をさせて貰っているノートブックへも可能です。

ScreenClip(13)

この共有フォルダーへのコピーを行うために、今回のバージョンアップが行われたのでしょう。

自分のノートをTwitterやFacebookを通して公開することが出来るようになりましたが、それとは別に、限られたユーザー間で特定の内容についての情報共有を行う際、地味ではありますがこのノートコピー機能が力を発揮しそうです。

Evernoteの共有ノートブックを使った情報共有の試み の動きが加速しそうです。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

NozbeとEvernoteとDropboxの連携と使い分け

私が日常的に使っている三つのクラウドサービスの使い分けを一文で書くとすると「TodoリストはNozb

記事を読む

QRコードを使ったEvernoteノートとの連携:妄想編

QRコードを使ったデータ連携は確かに便利で可能性を感じますが、もう少し使い勝手が向上しないと活用

記事を読む

Evernoteは第一の脳の機能を減退させるか(その1)

第二の脳は第一の脳を損なうか?  DEMICOUPER CUT OFF MEMO via

記事を読む

AwesomeNoteがバージョンアップして同期の遅さが120%改善した!

アップデートの内容にEvernoteとのAutosyncと同期スピードアップの項目がありました。 A

記事を読む

Evernote5.0β版のファーストインプレッション

EvernoteのWindowsクライアントにバージョン5.0のβ版がリリースされました。 新しい

記事を読む

no image

7/11~12日に開催されるEvernote Days 2014 Tokyoに合せて、ユーザーミーティングのイベントを企画します

EvernoteCafe イベント企画(案) Evernote関連書籍は50冊近くも発売されており

記事を読む

Evernoteを使っていた一年前の自分を信じられるようになるには

最近、物を探す時間がめっきり減りました。 それは、一度探したものは二度探す可能性が高い。 そ

記事を読む

これが四年間続けた試行錯誤の結果!Evernoteの200以上のタグから、目的のタグを素早く選択する方法

■基本的なノートブックとタグの使い分け Evernoteの使いかたについて最初に悩むのはノートブック

記事を読む

Evernoteクライアント(Windows版)のバージョンアップでクライアントの動きが軽快になった

クライアントの最新版がダウンロード可能となったので、更新内容を確認してみました。 これまで、更新内

記事を読む

QRコードを使ったEvernoteノートとの連携:実践編

前回の記事ではQRコードを使いEvernoteのノートと物とのデータ連携方法について紹介しました

記事を読む

Comment

  1. […] Evernoteのノートコピー機能が地味に便利な件 – このまま一生β版 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑