Evernoteのノートにファイルを保存する際には画面キャプチャーを添えると良い

公開日: : 最終更新日:2013/11/30 Evernote

Pocket
LINEで送る

EvernoteのノートにExlsやWordのファイルを添付する際のTipsです。

ファイルを普通に貼り付けた状態(ここではインポートフォルダーを使って添付)では、ノート名称にファイル名が入力され、ノート内にはファイルのアイコンのみが表示されます。

これでは、パッと見た瞬間に何のファイルか分かりません。

 

▼ファイル保存のツールとしても使えるけど、これだけではちょっと不便
ScreenClip(4)

 

そんな時には、ファイルを開いた状態を画面をキャプチャ-し、それをアイコンの下に貼り付けておけば、ファイル名称と画像で、それが何なのかを一目で判断出来ます。

 

以下の画像は、サンプルとして保存したTaskChute2の画面を貼り付けたものです。

Image(7)

画面のキャプチャー方法には幾つか種類がありますが。

・PrtScn :キャプチャー画面を使って新規ノート作成
・Shit + PrtScn :キャプチャー画面をデスクトップにファイルとして保存
・Ctrl + PrtScn :キャプチャー画面をクリップボードに保存

今回のような処理をするには、Ctrl + PrtScnが最も適しているでしょう。

 

そういえば、関連記事としてこんなものも書いてましたね。
併せてどうぞ。

Evernoteで作業履歴を保存し、トレーサビリティーを向上させる – このまま一生β版


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

no image

これでOK!Evernoteで図書館を効率的に使う方法

図書館に行き本を借りるとき、目の前にズラリとならぶ書架と並べられている大量の本を前にすると、何を借

記事を読む

Windows版のEvernoteクライアントで表の幅を変えられるようになった

たしかMac版では既に実装されている機能だと思いますが、Windows版でもセルの幅を変更することが

記事を読む

目指せ完全なinboxゼロ!MailboxとNozbe、Evernoteの連携方法

前回の記事では、Mailboxの課題だったGmailのラベルを対応させる方法について紹介しました。

記事を読む

今回のアップデートで伺えるEvernoteが進もうとしている二つの方向性

β版ではありますが、今回のバージョンアップの中に興味深い内容がありましたので紹介したいと思います。

記事を読む

no image

これは期待!Evernoteの共有ノートブック機能がやっと使えるものになるか

前回の記事では、Evernoteがこれから画像回りの機能を強化していくのではという内容について書きま

記事を読む

Evernoteで作業履歴を保存し、トレーサビリティーを向上させる

一つのファイルに少しずつ手を加えながら作業を進める際、そのファイルの更新履歴を残したいって事って

記事を読む

EvernoteとQRコードで押入れのダンボールを見える化する

購入する度に増えていく家電製品の操作説明書。普段ほとんど目にすることはありませんが、機械に何かト

記事を読む

百聞は一見にしかず!EvernoteとNozbeの組合せについて閃いた

仕事場において、タスク管理のプラットホームとして使っているのがNozbeです。 自分一人のタスク管

記事を読む

AwesomeNoteがバージョンアップして同期の遅さが120%改善した!

アップデートの内容にEvernoteとのAutosyncと同期スピードアップの項目がありました。 A

記事を読む

Evernoteのリマインド機能と共有ノートブックの可能性

私がEvernoteの可能性として期待しているのが、ノートブックのソーシャル化です。これに関してはこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑