Windows版のEvernoteクライアントで表の幅を変えられるようになった

公開日: : 最終更新日:2015/05/23 Evernote

Pocket

たしかMac版では既に実装されている機能だと思いますが、Windows版でもセルの幅を変更することが出来るようになりました。

例えば、表を作成したのち
Image

枠をつまんで動かすと、ある程度自由にセルの幅を変更することが出来ます。
Image

ある程度というのは、

・変更可能なのはセルの幅のみであり、高さは変えられないこと
・完全に自由にというわけではなく、挙動にクセがあること

上記二点がその理由です。

とはいえ、これはでは完全に固定されていたセルの大きさが変更できるようになったので、表を使ったテンプレートの作成やノート作成が便利になりそうです。

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

Evernoteのノートにファイルを保存する際には画面キャプチャーを添えると良い

EvernoteのノートにExlsやWordのファイルを添付する際のTipsです。 ファイルを普通

記事を読む

これだけは記憶に残したい。Evernoteを使って幸せになる方法

私がライフログという言葉を意識し始めたのは@ttachiさんのブログ記事 たった一度の記憶をず

記事を読む

no image

7/11~12日に開催されるEvernote Days 2014 Tokyoに合せて、ユーザーミーティングのイベントを企画します

EvernoteCafe イベント企画(案) Evernote関連書籍は50冊近くも発売されており

記事を読む

iライフログをインストールしたら設定すべき二つのジオフェンスと3つの自動ログ

ライフログ系のアプリは沢山ありますが、EvernoteとGoogleカレンダーにデータを同期出来

記事を読む

ただのアラームではない。リマインダ機能がEvernoteを強化する一つの側面

今回のバージョンアップで、Win版を除くクライアントにノートのリマインダ機能が追加されました。 試

記事を読む

Evernoteの共有ノートブックを使った情報共有の試み

先日のアップデートでMACに続きWindowsでも使えるようになったノートブックの共有機能。

記事を読む

今回のアップデートで伺えるEvernoteが進もうとしている二つの方向性

β版ではありますが、今回のバージョンアップの中に興味深い内容がありましたので紹介したいと思います。

記事を読む

Evernoteクライアント(Windows版)のバージョンアップでクライアントの動きが軽快になった

クライアントの最新版がダウンロード可能となったので、更新内容を確認してみました。 これまで、更新内

記事を読む

Adonit Jot Script EvernoteEditionのファーストインプレッション

Evernoteマーケットで公開されてからずっと気になっていたスタイラス、Adonit Jot Sc

記事を読む

ただの記憶の保管庫ではない!Evernoteを使って新しいアイデアを産み出す方法

Evernoteの中で、これだけは失いたくないノートブックはありますか? Webクリップや仕事で使

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスを他の人に広げる方法

   photo credit: dmitryzh

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑