7/11~12日に開催されるEvernote Days 2014 Tokyoに合せて、ユーザーミーティングのイベントを企画します

公開日: : Evernote

Pocket
LINEで送る

EvernoteCafe イベント企画(案)

Evernote関連書籍は50冊近くも発売されており、様々な活用方法について多数のブログ記事が公開されています。

でも、実際のユーザーの方々がどんな使い方をしているかは、なかなか分からない。

 

それは、Evernoteに保存されるデータ(ノート)が、プライベートな部分に深く関わるもの、また仕事に関する具体的な資料が含まれるため、ブログや書籍で完全に公開するのが難しいからだと思うのです。

 

じゃあ、オフ会を開いて、そこで自分のEvernoteを見せ合えばいいのでは?

FacebookにEvernoteのユーザーグループを作ろうと思ったのは、そんな想いがきっかけでした。

※私が管理人をやっているFacebookのグループ
https://www.facebook.com/groups/evernote.cafe/

 

そんな小さなイベントを、7/11~12日に開催される Evernote Days 2014 Tokyo に合せて企画しようかなとコメントしたところ。。。

EvernoteJapanのGM、井上氏よりコメントが、、、

Image

翌日、お話を伺ったところ

1日目の13:00~13:45分の間、会議室1(50人収容可)が空いてるから使ってよいですよ!とのオファーでした。

Image(9)

非常にありがたいお話だったのですが、日時が金曜の午後ということで仕事中。。。。

 

残念ながら、難しい。。。

でも、何か出来ないか?

みんなのEvernoteを見てみたい

ということで、当初から考えていたユーザーのEvernote運用事例をEvernoteを使って集める企画を開催したいと思います。

もしかすると、二日目の午前中、会場の隅に机とPCを間借りして小さなユーザーミーティングを開けるかもしれません。

 

企画に興味を持っていただき、自分のEvernoteの使い方を紹介して頂ける方は、共有ノートブックへの招待メールをお送りしますので、TwitterのDM又は記事のコメントで、招待メールを送信するメールアドレスをお知らせください。

後ほど、EvernoteCafe Vol.1 のノートブックを共有する招待メールを送らせて頂きます。

 

ちなみに、こちらが私が作成した紹介ノートです
Evernoteの使い方紹介:ナカシマ(@Moyori)


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

Evernoteクライアント(Windows版)のバージョンアップでクライアントの動きが軽快になった

クライアントの最新版がダウンロード可能となったので、更新内容を確認してみました。 これまで、更新内

記事を読む

Evernoteのノートコピー機能が地味に便利な件

Evernoteのクライアントバージョンが4.4.0にアップグレードし、ノートのコピー機能が実装

記事を読む

Adonit Jot Script EvernoteEditionのファーストインプレッション

Evernoteマーケットで公開されてからずっと気になっていたスタイラス、Adonit Jot Sc

記事を読む

我が子に贈るEvernote

「父親は夭折すべし」 父が手帳の片隅に書いていた言葉です。 真意は定かではないですが、歳を取

記事を読む

目指せ完全なinboxゼロ!MailboxとNozbe、Evernoteの連携方法

前回の記事では、Mailboxの課題だったGmailのラベルを対応させる方法について紹介しました。

記事を読む

no image

iライフログが復数のGoogleカレンダーに保存出来るようになった

今回のバージョンアップで、カテゴリー毎に保存するGoogleカレンダーが選択できるようになりました

記事を読む

Evernote5.0β版のファーストインプレッション

EvernoteのWindowsクライアントにバージョン5.0のβ版がリリースされました。 新しい

記事を読む

EvernoteとQRコードで押入れのダンボールを見える化する

購入する度に増えていく家電製品の操作説明書。普段ほとんど目にすることはありませんが、機械に何かト

記事を読む

これだけは記憶に残したい。Evernoteを使って幸せになる方法

私がライフログという言葉を意識し始めたのは@ttachiさんのブログ記事 たった一度の記憶をず

記事を読む

EvernoteとGTDと人の脳の可能性について

■思考の粒を拾い集める Evernoteに沢山あるノートブックの中で「思考の粒」という名

記事を読む

Comment

  1. […] 7/11~12日に開催されるEvernote Days 2014 Tokyoに合せて、ユーザーミーティングのイベントを企画します(このまま一生β版) […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑