Evernoteクライアント(Windows版)のバージョンアップでクライアントの動きが軽快になった

公開日: : Evernote

Pocket
LINEで送る

クライアントの最新版がダウンロード可能となったので、更新内容を確認してみました。

これまで、更新内容の知らせは英語表記だったのが、今回からは日本語となっています。

そして、その記載内容に気になる箇所がありました。

ScreenClip(13)

Evernoteの唯一の不満な点

これは、私の使っているPC環境(ちょっとスペックが低め)のせいかもしれませんが、Evernote上でノート編集や整理をやっていると、稀にというか頻繁にクライアントが一瞬固まり10~20秒ほど操作ができなくなることがありました。

これは、ノートを編集する度にバックグラウンドで実行されるEvernoteのデータベース書き換え処理が、PCに負担をかけているのだと考えていました。

今回のアップデートで、このちょっとしたフリーズ現象がなくなるのでは?そんな期待を抱きながら最新版のクライアントをダウンロード~インストールしました。

私が管理人をしているFacebookグループEvernote Caféでは「クライアントのバージョンアップを行うと、ローカルからデータが一度削除され、全てのノートが改めて同期される。」との報告もありましたが、私の環境ではその現象は生じませんでした。

ただ、これまでに設定していた各種設定(ホットキー、インポートフォルダー、フォント)などはデフォルトに戻されてましたね。

ScreenClip(14)

新しいクライアントの使い心地

クライアントのバージョンアップ後、このブロク記事の下書きはEvernoteで書いています。

これまでであれば、画像にSkitchで書き込みをしたり、ただ普通に文字を書いている時でもクライアントがフリーズを起こしてイライラする事がありました。

現時点ではそのフリーズ現象は一度しか生じてませんし、フリーズから回復するまでの時間も格段に短くなっているように感じます。

同期ボタンを押したのち、同期が完了するまでの時間も、バージョンアップ前が20秒程度かかっていたのが10秒を切るくらいまで短くなっています。

まだまだほんの少しの検証しか行っていませんが、バージョンアップの効果はしっかり出ている感じですね。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

EvernoteのiOSアプリでリマインダ登録が簡単にできるようになった

EvernoteのiOSアプリがバージョンアップして、ノートリスト画面からノートやリマイン

記事を読む

やっとスッキリした!ごみ箱と化しているEvernoteのWebクリップを本当に活用する方法

ネット上をウロウロしながら、気になったニュースやブログの記事をEvernoteにクリップする

記事を読む

Evernoteを使っていた一年前の自分を信じられるようになるには

最近、物を探す時間がめっきり減りました。 それは、一度探したものは二度探す可能性が高い。 そ

記事を読む

Evernoteのリマインダーを使ったNozbeへのタスク受け渡しがとてもスムーズになった

Nozbeのバージョンアップ(1.9)で、Evernoteとの連携がスムーズになりました。最近のアッ

記事を読む

Adonit Jot Script EvernoteEditionのファーストインプレッション

Evernoteマーケットで公開されてからずっと気になっていたスタイラス、Adonit Jot Sc

記事を読む

Windows版のEvernoteクライアントで表の幅を変えられるようになった

たしかMac版では既に実装されている機能だと思いますが、Windows版でもセルの幅を変更することが

記事を読む

QRコードを使ったEvernoteノートとの連携:妄想編

QRコードを使ったデータ連携は確かに便利で可能性を感じますが、もう少し使い勝手が向上しないと活用

記事を読む

これだけは記憶に残したい。Evernoteを使って幸せになる方法

私がライフログという言葉を意識し始めたのは@ttachiさんのブログ記事 たった一度の記憶をず

記事を読む

iライフログを使って本気でログを取ってみた

前回の記事ではジオフェンスを使った自動ログの方法について紹介しました。 iライフロ

記事を読む

EvernoteとQRコードで押入れのダンボールを見える化する

購入する度に増えていく家電製品の操作説明書。普段ほとんど目にすることはありませんが、機械に何かト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑