iライフログをインストールしたら設定すべき二つのジオフェンスと3つの自動ログ

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 Evernote

Pocket

ScreenClip(96)

ライフログ系のアプリは沢山ありますが、EvernoteとGoogleカレンダーにデータを同期出来ると聞くと、もう試さずにはいられません。

この記事で紹介するiライフログは、基本的な手動でのログ収集機能と併せ、GPS機能を使ったジオフェンスによる自動ログ収集機能がとても良く出来ています。


特に、数カ所のジオフェンスの設定と、それを使った自動ログの設定をすることで、一般的な会社員の①仕事時間、②移動時間、③プライベート時間の大枠をGoogleカレンダーに表示させ可視化させる事が出来ます。


■ジオフェンスの作り方
ジオフェンス設定は、アプリの設定画面を開き「場所(ジオフェンスの登録)」から行います。
設定画面を開くと地図上に現在位置が表示されるので、そこで良ければ画面をタップ。

違う場所で登録したい場合は地図を移動し目的の場所をタップします。ジオフェンスの大きさですが、私は100mに設定しました。

▽ジオフェンスの登録画面
Image(86)[4]
Image(87)[4]

ちなみに、私が登録しているジオフェンスは「自宅」「会社」の2箇所のみです。平日は基本的には自宅と会社の往復なので、この2つだけで問題ありません。
もし会社の他に、日常的に通っている所があればそこも登録しておきましょう。


■自動ログのつくりかた
平日の私の行動(時間)を大きく分けると、以下の3つになります。

①家にいる時間(プライベート時間)
②通勤時間(移動時間)
③会社で働いている時間(仕事時間)

この3つの時間は、それぞれ自宅に到着した時(出発した時)、会社に到着した時(出発した時)が区切りになるので、そのタイミング毎に、自動ログが開始されるようジオフェンスの設定を行います。

自動ログの新規作成は、アプリのカテゴリー欄から行います。

Image(88)[4]

一日の最初の行動である通勤時間(出社時間)登録するには「移動」のアイコンをタップし「自動ログを追加」を選択します。

▽出社時間の自動ログを取るための設定
Image(89)[4]Image(90)[4]

ログの開始条件として、自宅を出た時。終了条件は会社に着いた時とします。
これで、自宅から100m離れた時点で、出社時間が開始となり、会社から100m圏内に入った時点でこの自動ログが終了します。


次は会社で働いている時間の自動ログです。
これも同じ要領で、会社に着いた時にログを開始し、会社を出た時にログを終了するよう設定します。

▽会社に着いた時点でログの開始、出た時点でログの終了
Image(91)[4]

次は退社し自宅に戻る際の設定です。

▽会社を出た時点でログの開始、自宅に着いた時点でログの終了
Image(92)[4]

最後に自宅にいる時間のログですが、これも、自宅に到着した時にログを開始し自宅から出た時に終了なるよう設定します。
週末など、自宅から一歩も出ないと、このログが取られ続けることになります。

Image(93)[4]

■自動ログを取った結果
この基本設定で自動ログを取ったのが、下のGoogleカレンダーの画像です。

私はこのログを取るため「ライフログ」というカレンダーを新規作成し、アプリと関連付けました。

Image(94)[4]

どうでしょう。見事に隙間なくカレンダーが埋まってます。
通勤の時間も仕事時間と考えるとするならば、仕事とプライベートに使っている大枠の時間が一目で分かります。

ライフワークバランスを考える際、自分の時間の使い方を把握する方法として、このジオフェンスを使った自動ログを作るのは有効です。
それも完全に自動化出来るので、ライフログを取りたいけど作業面倒だという人にオススメですね。

また、iライフログは、複数のログを同時に取ることが出来ますので、通勤の時間に読書時間のログを取ったり、自宅時間の中で、家事や勉強、テレビなどの時間を記録することが出来ます。
どこまでの粒度で行動をログ化するかは各個人の考え方とやる気次第でしょう。

ちなみに、このアプリには、ログを取る際、各ログに写真やコメントを付けることで、ログを取りたくなる気持ちを盛り上げるような仕掛けがありますが、その機能については、次の記事で紹介したいと思います。

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

NozbeとEvernoteとDropboxの連携と使い分け

私が日常的に使っている三つのクラウドサービスの使い分けを一文で書くとすると「TodoリストはNozb

記事を読む

白紙の地図に道は引けない

  人の記憶がこれほど失われ易いこと。また、意識の奥底に沈み、忘れ去られた記憶も、ちょっと

記事を読む

国内、国外におけるクラウド活用の試みについて

私が仕事で使っている主なクラウドツールは ・Dropbox ・Nozbe ・Evernote

記事を読む

百聞は一見にしかず!EvernoteとNozbeの組合せについて閃いた

仕事場において、タスク管理のプラットホームとして使っているのがNozbeです。 自分一人のタスク管

記事を読む

Evernoteクライアント(Windows版)のバージョンアップでクライアントの動きが軽快になった

クライアントの最新版がダウンロード可能となったので、更新内容を確認してみました。 これまで、更新内

記事を読む

Evernoteは第一の脳の機能を減退させるか(その1)

第二の脳は第一の脳を損なうか?  DEMICOUPER CUT OFF MEMO via

記事を読む

QRコードを使ったEvernoteノートとの連携:実践編

前回の記事ではQRコードを使いEvernoteのノートと物とのデータ連携方法について紹介しました

記事を読む

ただの記憶の保管庫ではない!Evernoteを使って新しいアイデアを産み出す方法

Evernoteの中で、これだけは失いたくないノートブックはありますか? Webクリップや仕事で使

記事を読む

Evernoteのリマインダーを使ったNozbeへのタスク受け渡しがとてもスムーズになった

Nozbeのバージョンアップ(1.9)で、Evernoteとの連携がスムーズになりました。最近のアッ

記事を読む

やっとスッキリした!ごみ箱と化しているEvernoteのWebクリップを本当に活用する方法

ネット上をウロウロしながら、気になったニュースやブログの記事をEvernoteにクリップする

記事を読む

Comment

  1. 藤原眞砂 より:

    上記の説明を参考に大きな期待をもって利用してみましたが、一言で言うとまだまだ使い物にならない、というのが感想です。あると非常便利なところを狙った良い主旨のソフトなので、是非ともユーザーの意見を入れて、改善を急いで欲しいです。電話もしくは、会ってご教示を直接頂きたいと思います。。連絡いただけませんか。藤原眞砂

    • moyori より:

      藤原さま
      私も1ユーザーでしかないので、日常的にどう使っているか、またどのような設定をしているか程度しか情報提供できません。

      それでよろしければ、ご質問お受け致しますよ。

  2. […] iライフログをインストールしたら設定すべき二つのジオフェンスと3つの… […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスを他の人に広げる方法

   photo credit: dmitryzh

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑