9つの点に学ぶライフハックの素 #tokyohack008

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 日記的な物

Pocket
email this
LINEで送る

用事が重なり参加できなくなった本日の東京ライフハック研究会VOL.8
そのLTで発表しようと思っていたネタを、ブログで発表したいと思います。

 

皆さんこんにちは、今日はライフハックの素というテーマでお話ししたいと思います。自己紹介は時間がないので割愛。早速本題に入ります。

最初に、皆さんに面白いクイズを出したいと思います。これについて一緒に考えて行きましょう。

ScreenClip(94)

クイズですが、この9つの点を、四本の線で結ぶにはどうすればいいか?それも一筆書きで結ぶにはどうすればいいか?というものです。

(5秒ポーズ)

皆さんが、この9つの点、この9つの点のクイズを見た時の反応は、大きく二通りに分かれると思います。

一つは、この問題のトリックである「固定観念に縛られ、答えが出せない」という反応。
自ら作った四角い枠に囚われ、線を外に出せないという現象ですね。

ScreenClip [1][4]

もう一つは、このクイズの答えを既に知っている事で、そこで思考が止まっているという反応です。

ScreenClip [2]

皆さんはどちらだったでしょうか?

一般的な答えは、このクイズをご存知でない方もいらっしゃると思いますので、ここでは出しませんが、前提条件を見なおせば他の答えも見えてきます。

例えば、点の一つ一つを大きくすれば、四本ではなく三本でも結べます。

ScreenClip [3]

点を真ん中に集めて太い線で結べは一本でだって結べます。

ScreenClip [4]

もっと考えれば他の答えも出てくるでしよう。

■ライフハックとは何か?
色々なツールを組み合わせることで、仕事や日常生活を便利にするテクニックと言ってしまうと、表面的な物になってしまいます。

それはそれで楽しくて大好きなのですが、私の考えるライフハックとはもう少し内面的なものになります。

一言で表現するなら、このような言葉になります。

ScreenClip [5]

この違いをもたらす違いというのは「成功の為の9ステップ」の著者である、ジェイムズ・スキナー氏がその著書の中で書いている言葉です。

成功という言葉の定義は置いておいて、何かが上手く出来る人と、出来ない人の間にある、ちょっとした違いのことです。それは考え方の違いであったり、ほんの少しの習慣かもしれません。しかし、その違いは、上手く出来る人には当たり前でも、出来ない人には理解できません。

ツールを使うことで、便利になる。ツールを使うことで生活や仕事のスタイル自体に変化が起きるのは、そのツールを作った人が作り上げた上手く行くための「メンタルモデル」「違いをもたらす違い」をツールを通して学べるからでしょう。

自分自身を振り返ってみても、ツールを使うことで、生活スタイルや世界の見え方が変るような事がありました。
例えば 「iPhone」「Evernote」「Twitter」「Dropbox」「Nozbe」などですね。

ScreenClip [6]

今では当たり前のように使っている、これらのツールをですが、リリース直後、初めて触った時には「なんて画期的なんだろう!」と感激したのを覚えています。

話を戻します。ライフハックとは、違いをもたらす違いを自分の中から見つけ出すプロセスだと言いました。

その違いを見つける事が出来ない原因があるとすると、その一つとして考えられるのが、先ほど一緒に考えた9つの点から得られる教訓だと思うのです。

ScreenClip [7]

このような、人が陥りやすい思考モデルについて詳しく書かれた本があります。
「U理論」 【現物を紹介】

U理論では、過去や規制概念に囚われ、本質を見失っている状態をブラインドスポット(盲点)
と表現しています。

ScreenClip [8]

このU理論の話は非常に難しく、私自身が腑に落ちてないので詳しい話は割愛します。本当に理解しにくく、日本語訳の方は三回、英語の原書のほうは20ページも読みましたが、まだまだ理解出来ていません。

でも、そこにブラインドスポットを抜け出す為の心構えが書いてありましたので、それを紹介して今日のLTを終わりにしたいと思います。

ScreenClip [10][4]

これもすこし分かりにくいですが、私は「ありのままに見ること」、「ありのままに聞くこと」だと解釈しました。

カウンセリング的な表現では「傾聴」という言葉が近いかも知れません。

人の話を聞いている時、既に自分が話したい事が頭の中にありませんか?
または、話しを聞き終わる前に、何らかの判断をしていませんか?

まずは、自分の考えを脇に置き、目の前の物、起こったこと、人の話をしっかりと聴いてみましょう。

もしかすると、それがブラインドスポット(盲点)を抜け出し、違いをもたらす違いを自分の中で産み出すライフハックの種になるのかも知れません。

ご静聴ありがとうございました。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら


▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

ソーシャルな翻訳サービスConyacを試してみた

面白そうな翻訳サービスを教えて頂いたので、アカウントを登録し、試しにブログ記事の英訳をお願いしてみま

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.178

定刻通りに成田から飛び立ったアシアナ航空OZ105便は順調に高度を上げ、トランジットの目的地であるソ

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.219 (東ティモール日記)

- 2011年10月13日 木曜日 11:40 昼ご飯は東ティモールで老舗の日本料理店 「祇

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.218 (東ティモール日記)

東ティモールの朝 朝日が眩しい! 2011/10/12 8:01  Map

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.215 (ウガンダ日記)

※帰国の一日目が抜けていたので、それを繋げて再アップ さて、明日も早いから寝ることにしよう。

記事を読む

思い出のかたち

ちょうど去年の年末、引越しの段取りや荷物の片付けでバタバタしていた頃の話。 僕の実家は長崎市、

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.181 (ウガンダ日記)

これは前日のまとめ。 これからホテルに帰る。 一分でも早くシャワー浴びたい。 201

記事を読む

子供は預かり物だという気づき

子供は授かり物だとよく言いいますが、預かり物だとも思うのです。 当たり前の話ですが、私たちが今ここ

記事を読む

わが子に贈るライフハック

「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」 この本はタイトルを思い浮かべるだけで目に涙が浮かびます。 

記事を読む

お題:GTD(タスク管理)に出会ったきっかけは何ですか?に答えて頂いたブログ記事 計7本

先日ポストした記事のお題へ、数名の方が答えて下さったので、こちらで紹介したいと思います。 お題と

記事を読む

Comment

  1. […] このまま一生β版 http://www.gtdfun.com/archives/1890 19時44分 Share this:TwitterFacebookLike […]

  2. […] このまま一生β版 http://www.gtdfun.com/archives/1890 19時44分 Share this:TwitterFacebookLike […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

Evernoteは第一の脳の機能を減退させるか(その1)

第二の脳は第一の脳を損なうか?  DEMICOUPER C

EvernoteのiOSアプリでリマインダ登録が簡単にできるようになった

EvernoteのiOSアプリがバージョンアップして、ノート

Evernoteのチェックボックスが少しだけ変わった

たいした内容ではないのですが、おっ!っと思ったので記事にします。 あ

Evernoteの同期速度が明らかに向上した件

これまでのEvernoteはノートの編集後、メニュー内の同期アイコンを

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑