Evernoteのデータ同期が早くなった!測ってみたら2倍以上

公開日: : Evernote

Pocket
LINEで送る

Evernoteのサーバーがシステムをアップグレードし、データの同期速度が4倍になったとのお知らせが届いたのがつい先日。

でも、実際の同期速度が早くなったかというと「何となく」というレベルで正直期待はずれでした。

それで、今回のバージョンアップ。ScreenClip

お知らせの画面では、データ同期のパフォーマンスが向上していると書かれています。

実際の同期速度ですが、従来のクライアントが同期ボタンを押してから終了するまでの時間が約30秒近くかかっていたのが、バージョンアップ後のクライアントでは10秒ちょっとになりました。

速度として2倍以上、これは体感的にも早くなったと言えるレベルです。

この機能向上は、データ全体の同期速度向上と併せ、共有リンクURLなど、データ同期が関連するコマンドの処理速度にも影響するので、Evernoteの操作が全体的に軽くなる。

Evernoteはこれまでに何度もバージョンアップを繰り返してきましたが、最近ではEvernoteに貼り付けた画像をSkitchで直接編集出来るようになったのと同じくらいか、それ以上に操作感を向上させるものだと思います。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

QRコードを使ったEvernoteノートとの連携:妄想編

QRコードを使ったデータ連携は確かに便利で可能性を感じますが、もう少し使い勝手が向上しないと活用

記事を読む

EvernoteをPostrousの下書きツールとして使う

メールを送るだけで、何となくいい感じの記事が書けるPosterousですが、記事の中に複数の

記事を読む

百聞は一見にしかず!EvernoteとNozbeの組合せについて閃いた

仕事場において、タスク管理のプラットホームとして使っているのがNozbeです。 自分一人のタスク管

記事を読む

Evernoteのリマインド機能と共有ノートブックの可能性

私がEvernoteの可能性として期待しているのが、ノートブックのソーシャル化です。これに関してはこ

記事を読む

EvernoteHelloはエバーノートのソーシャル化を加速させるか?

■基本的な使い方について 今日は先日リリースされたEvernoteHelloの使い

記事を読む

EvernoteとQRコードで押入れのダンボールを見える化する

購入する度に増えていく家電製品の操作説明書。普段ほとんど目にすることはありませんが、機械に何かト

記事を読む

no image

これは期待!Evernoteの共有ノートブック機能がやっと使えるものになるか

前回の記事では、Evernoteがこれから画像回りの機能を強化していくのではという内容について書きま

記事を読む

iライフログを使って本気でログを取ってみた

前回の記事ではジオフェンスを使った自動ログの方法について紹介しました。 iライフロ

記事を読む

Evernoteのノートコピー機能が地味に便利な件

Evernoteのクライアントバージョンが4.4.0にアップグレードし、ノートのコピー機能が実装

記事を読む

やっとスッキリした!ごみ箱と化しているEvernoteのWebクリップを本当に活用する方法

ネット上をウロウロしながら、気になったニュースやブログの記事をEvernoteにクリップする

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑