PCの任意のフォルダーをDropboxで共有するツール

公開日: : 最終更新日:2013/11/30 DropBox

Pocket

PCの任意のフォルダーをDropboxで同期させたい。
そんな時に使える便利なフリーソフトがありましたので紹介します。

使用するのはDropbox Folder Sync addonというフリーのツール。
以下のサイトからダウンロード出来ます。

Dropbox Folder Sync addon Official page

Image(2)

 

インストールが完了したらDropboxのデータフォルダーの位置を確認するウィンドウが出るので、確認のうえOKをクリック。

Image(3)

 

使用するには、エクスプローラなとのファイラーを立ち上げ、Dropboxで共有したいフォルダーを選択し右クリック

Image(4)

 

メニューに表示されるSync with Dropboxをクリックします。
成功すると、このようなお知らせが表示されます。
Image(5)

 

Dropboxのデータフォルダを開くと、同じ名前のフォルダが出来ている事が確認出来るでしょう。

Image2013-11-12

このフォルダー内のファイルは、元のフォルダーと完全にミラー化されており、元のフォルダー、またDropboxのフォルダー内のファイルを編集・削除などの操作を行なうと、その情報はすぐさまにもう一方のフォルダーに反映されます。

▼元のフォルダにファイルを作るとImage(8)

▼DropboxのフォルダにもファイルがコピーされますImage22013-11-12

一部のアプリケーションでは、データ保存先のフォルダーが自動的に指定され、変更出来ないものがありますので、そのようなファイルをDropboxで共有したい時などに便利ですね。

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

外注した仕事の進捗状況をブラックボックスにしないための3つのツール

仕事を進める上で、その一部分を社外にアウトソーシング(外注)するのは特に珍しい事ではありません。

記事を読む

DropBoxを使って簡単なフォトギャラリーを作る

複数のPC間でファイルの同期、共有を行うことの出来るDropboxを使うと、かんたに写真を外部へ公開

記事を読む

国内、国外におけるクラウド活用の試みについて

私が仕事で使っている主なクラウドツールは ・Dropbox ・Nozbe ・Evernote

記事を読む

NozbeとEvernoteとDropboxの連携と使い分け

私が日常的に使っている三つのクラウドサービスの使い分けを一文で書くとすると「TodoリストはNozb

記事を読む

職場でクラウドツールを使う際に気をつけていること

前回の記事では、クラウドツールを活用することで、業務消化を円滑に行う方法について紹介しました。 外

記事を読む

NozbeのDropbox連携がやっと使えるものになった

NozbeのDropbox連携は、比較的初期の段階で実装されてました。 そういえは、これに関する記

記事を読む

Dropboxのリビジョン復元機能を無制限にするアドオンを追加した

リビジョンファイルの復元機能 Dropboxのリビジョンファイル復元機能とは、そのファイルの更新履

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスを他の人に広げる方法

   photo credit: dmitryzh

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑