もうメールには戻れない。Nozbeのコメント機能を徹底的に使ってみる。

公開日: : Nozbeの使い方

Pocket

medium_4902920469
photo credit: karen horton via photo pin cc

チームメンバへの作業指示はメールではなく、Nozbeのタスクに追記するコメント機能を使っています。

このコメント機能は、そのプロジェクトに参加しているメンバーが自由に書き込めるので、メール、もしくはチャットと同じように使えます。

先週金曜、出張で盛岡に行ってたのですが、その出先でもメンバーへお願いしていた仕事の進捗確認がNozbeのiPhoneアプリで出来ました。

やはり、Nozbeはチームで使ってこそ、その真価を発揮すると感じましたので、コメント機能を使ったやり取りを紹介します。

■未読コメントの確認
PCのブラウザでもそうですが、iPhoneアプリでも未読のコメントがあると、画面のトップ画面に表示されます。

▼未読コメントのおしらせ
Image(143)

 

 

■未読コメント一覧
【未読のコメント】をタップすると、未読のコメント一覧が表示されます。

1番上に表示されているものが、私が前日の夜に指示をした作業内容に対する返信のようです。

Image(144)

 

 

■会話のながれ
①は私が最初に投稿したコメントです。

作業をお願いするメンバーに

•作業内容
•作業を行うファイルの保存場所
•期日
•注意事項


など、作業を進める上で必要な項目を記述しています。

Image(145)

②は、お願いをしていたメンバーから、作業完了の報告がコメントとして書き込まれています。

タップして詳細を見てみましょう。

▼作業完了の報告と、作業内容の確認です。
Image(146)

 

データは未確認ですが、こちらの意図した作業は終ってるようですね。
あとで、中身を確認し、問題があれば追加作業•修正のコメントを追記することになります。

▼今回は、お礼のコメントを書き込みます。
Image(147)

 

▼コメントを保存すると、一覧に追加され、相手の画面に未読コメントとして通知されます。
Image(148)

 

 

■まとめ
このような作業の依頼と完了報告のやり取りは、なにもNozbeのコメントを使わずとも、従来とおりメールでも可能です。

しかし、個別のタスクに関してのみ、対話を行うことが出来るかとから

•作業を進めるための必要な情報に絞って対話が出来る
•それにより指示が明確になり
•指示を受けた方も迷いが生じない
•対話の中で疑義が生じた際には、それを確認するタスクを追加することで
•Nozbeの中でタスク管理と対話が完結する

のようなメリットが生まれます。

そのメリットは実際に使って始めて感じる事の出来る僅かなものですが、一度慣れてしまうと元(メール)には戻れないと、強く思うのです。

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

NozbeのDropbox連携がやっと使えるものになった

NozbeのDropbox連携は、比較的初期の段階で実装されてました。 そういえは、これに関する記

記事を読む

Nozbeの使い方~その10(意外と便利なワンクリック)

タスクレビューを行う際に知っておくと便利な機能を一つ紹介します。 Nozbeはこういった細

記事を読む

Nozbeの使い方~その1(基本に忠実なGTDアプリ)

あたり前と言えばそれ迄ですが、Nozbeで扱われるタスクの流れ(収集→処理→レビュー→実行)はG

記事を読む

Nozbeの色調が選べるようになった

先日のアップデートでWeb全体のインターフェースが一新しましたが、今回その色調をユーザーが選択できる

記事を読む

NozbeのタスクをQRコードで呼び出す方法

これまではQRコードを使ってEvernoteノートと物とのデータ連携について考えてみました。

記事を読む

Nozbeを使い社内打ち合わせを円滑に行う方法

各部署の業務報告を延々と聞かされるだけの会議は嫌いです。 それと同じくらい嫌いなのは「これから実

記事を読む

Nozbeの使い方~その4(タスクリストの共有)

メールによるタスクの送信 ツールと言うのは実際に使ってみないと、作り手がその中に実装したした機能

記事を読む

国内、国外におけるクラウド活用の試みについて

私が仕事で使っている主なクラウドツールは ・Dropbox ・Nozbe ・Evernote

記事を読む

頭の中をスッキリ(Inbox)

Nozbeのインターフェイスが日本語化されたのですが、ヘルプページの日本語訳がかなり怪しいので、

記事を読む

Nozbeの使い方~その7(NozbeとEvernoteを連携させる)

Nozbeの売りの一つがEvernoteとデータ連携が出来ることです。 もちろんNozbe

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスを他の人に広げる方法

   photo credit: dmitryzh

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑