Nozbeのデスクトップアプリにドラッグアンドドロップが使えるようになった

公開日: : Nozbeの使い方

Pocket
LINEで送る

Nozbeのデスクトップアプリにタスクのドラッグアンドドロップが使えるようになりました。

Inboxから指定のプロジェクトへ、またプロジェクトから別のブロジェクトへタスクを移動させるのに、この操作が出来るのと出来ないのでは、操作性に大きな違いが出ます。

 

前回のバージョンアップで操作性全般の使い勝手はほぼ完成レベルに至りましたが、このタスクのドラッグ機能は使えませんでした。

今回のバージョンアップにより、やっとブラウザ版から移行してもよいと思えるものになりましたね。

その動作について紹介します。

 

Inboxに「テスト」という名称のタスクを追加し、それをドラッグアンドドロップで既存のプロジェクトに動かしてみましょう。

「テスト」という名称のタスクはInboxに入っています。example

 

「テスト」をドラッグし、「043-東ラ研」という名称のプロジェクトの上で離してみます。

 

▼「043-東ラ研」というプロジェクト名のタスク数が変わりました。example(1)

 

私がNozbeをWEB版からデスクトップ版に移行するのは、もう少し先。

NextActionのフィルタリングをプロジェクトだけでなく、ラベルでも出来るようになってからですね。

 

デスクトップアプリはブラウザ版とくらべると動きが軽快ですので、はやく日常的に使えるようにして欲しいものです。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

Nozbeのデスクトップ版についてファーストインプレッション

Nozbeのデスクトップβ版がMac、Windowsの両OSに対してリリースされました。 現時点で

記事を読む

Nozbeの使い方~その12(社内ミーティングの実践方法)

個人的な業務効率化も必要ですが、それ以上に大切なのが一緒に仕事をするチーム全体での効率化を図ること

記事を読む

no image

もうメールには戻れない。Nozbeのコメント機能を徹底的に使ってみる。

photo credit: karen horton via photo pin cc チーム

記事を読む

NozbeとEvernoteとDropboxの連携と使い分け

私が日常的に使っている三つのクラウドサービスの使い分けを一文で書くとすると「TodoリストはNozb

記事を読む

Nozbeを使い社内打ち合わせを円滑に行う方法

各部署の業務報告を延々と聞かされるだけの会議は嫌いです。 それと同じくらい嫌いなのは「これから実

記事を読む

頭の中をスッキリ(Inbox)

Nozbeのインターフェイスが日本語化されたのですが、ヘルプページの日本語訳がかなり怪しいので、

記事を読む

図解で示すタスク管理の必要性 その2

前回の記事ではタスク管理の必要性を個人レベルで考えてみました。 図解で示すタスク管理の必要性 -

記事を読む

Nozbeにもサブタスクを導入して欲しい件

Nozbeのユーザーフォーラムで頻繁にリクエストが上がるのがサブタスクの実装です。 タスク

記事を読む

やっと実用レベルまで洗練された!Nozbe1.6のファーストインプレッション

Nozbeユーザーは既にお気づきかと思いますが、Web版の画面Topに、新しいWeb版のお知らせ

記事を読む

7つの習慣のミッションリストをタスク管理ツールに落としこむ

photo credit: mohammadali via photo pin cc ボトムアッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑