Nozbeのモバイル版がアップデートして意外と使いやすいかも

公開日: : 最終更新日:2013/12/22 Nozbeの使い方

Pocket

Nozbeのモバイル版がアップデートされましたね。モバイル版というのは、iOSやAndroid用のアプリではなく、モバイル端末のブラウザで閲覧するWeb画面スの方です。

これまで、iPhoneのブラウザでNozbeにアクセスすると、通常のデスクトップ用の画面が表示されていましたが、それがモバイルの大きさに最適化されたということです。

では、どの様なものか見ていきましょう。

アカウントを持っている方には、Nozbeからこのようなメールが届いていると思います。
Image(118)

メール本文のリンクをクリックするとWelcomeの画面。
Image(119)

データ保存用の領域が必要であるというメッセージをクリックするとログイン画面に移ります。
Image(120)

必要な情報を入力しログイン完了。
画面は、ログイン後プロジェクト一覧を表示させたものです。

Image(121)

最近、勉強会関係の企画をサボっているのがバレバレですね。

右上の【ALL】のアイコンをタップすると、プロジェクトをラベルでフィルタリング出来ます。
Image(122)

試しにLBTという名称のラベルを選択してみます。
Image(123)

LBT関連のプロジェクトだけが表示されます。
Image(124)

プロジェクト名称をタップすると、プロジェクトのタスク一覧を確認出来ます。
その状態で右上のアイコンをタップすると、プロジェクトに関連したノートの確認やプロジェクト情報の編集が行えます。
Image(125)

これは【Edit】を選択したところ。プロジェクト名称の変更、ラベルの添付などが出来ます。
Image(126)
これは【Sort】を選択し、タスクリストの並べ替えを行う画面。タスク名称右の△をタップするとタスクを上下に動かせます。

Image(127)

これは、Inboxの画面
Image(128)

画面下の「+」マークをタップすると新規タスクを入力出来ます。
Image(129)

 

入力後の詳細画面では、保存するプロジェクト、コンテキスト、日時や見積もり時間の設定が行えます。
Image(130)

 

NextActionの画面。
デスクトップクライアントもそうですが、ラベルによるフィルタリングが出来ないのがとても残念。
Image(131)

ざっと見たところ、デスクトップ用のWeb画面をモバイルサイズに最適化させただけですので、基本機能はほぼ同じです。

タスク入力、編集、画面移動のたびにデータ通信と読み込みが必要なので、アプリ版と比較すると全体的にもっさりした感じは否めないですが、その反面データの同期を意識しなくて済むのは好印象です。

 

Nozbeは、先日サーバーの引越しで処理速度を向上させました。今回リリースされたモバイル版も、それなしには遅くて使いにくい物だったかもしれません。

 

次はWeb版のアップデートを期待したいところです。

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

Nozbeのクライアントアプリがバージョンアップ。3カラムに対応して期待大

前回のデスクトップクライアントのバージョンアップはたしか7月だったと思います。最初にリリースされたバ

記事を読む

NozbeのアップデートでGoogleカレンダーとの連携が完璧になった!

こちらのエントリーでも紹介したように、プライベートに関するGTDのタスク管理はNozbeで行うこ

記事を読む

EverNoteでGTDのベースを作る

前々からプライベート関連のGTDを実践するのにどんなシステムを構築しようかと模索していたのですが

記事を読む

Nozbeにもダブルインボックスシステムを導入してみよう

ストレスフリーを実現するため毎朝確実にレビューしているタスクリスト こちらのエントリーでも

記事を読む

no image

Nozbeで頻繁に使っているショート・カットの覚え方

NozbeがWebアプリであるためか、ショート・カットが使える事って意外と知られていない気がします

記事を読む

Nozbeの使い方~その1(基本に忠実なGTDアプリ)

あたり前と言えばそれ迄ですが、Nozbeで扱われるタスクの流れ(収集→処理→レビュー→実行)はG

記事を読む

Nozbeのバージョンアップに求める12個の機能

NozbeのようなサウェブサービスはGTDのワークフローを実現するために必須の機能と併せ、タスク

記事を読む

タスク管理(GTD)のツールを秘書で擬人化してみた

■OutLook 秘書の中ではかなりのお局様、タスク管理よりは、メッセージの伝達、アドレス管理、ス

記事を読む

Nozbeの使い方~その5(ショートカットを使いこなそう)

Nozbeでは必要な操作の全てについてショートカットが準備されていますので、覚えておくと結構便利

記事を読む

Nozbeデスクトップクライアント(Mac)のバージョンアップ情報

Nozbeのデスクトップクライアントに気になるバージョンアップ情報です。残念ながら今回はMac用

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスを他の人に広げる方法

   photo credit: dmitryzh

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑