日刊モヨリNo.213 (ウガンダ日記)

公開日: : 最終更新日:2015/08/15 日記的な物

Pocket

一昨日アップし忘れたので今日ポスト

Image(203)

朝ごはん。
朝から点心が出てくるのは隣が中華料理店だからか(笑)
2011/07/23 8:02  Map

明日、協力隊としてこちらに来てらっしゃる方と晩御飯を食べることになった。
たのしみだ。
2011/07/23 8:07  Map

カンパラは本当に涼しい。
赤道直下の国とは思えない。
人の良さとこの気候だけ日本に持って帰りたい。
2011/07/23 8:14  Map

今日は一日Hotelの部屋で黙々、ダラダラと仕事をしていた。
結構はかどって良かった。
やはり、ラップトップだと画面が小さいからエクセル作業は大変だ。
2011/07/23 18:55  Map

晩御飯はまたHotelの中華料理店内。
今日は腹巻と、ワンタンスープ、焼きそばを注文。
量が心配だ。。
2011/07/23 18:56  Map

Image(204)

美味しいのだが、春巻きのタレが。。
タレはしょうゆベースでないとね
2011/07/23 19:15  Map

お腹いっぱい。。。
苦しい。
2011/07/23 19:33  Map

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

no image

TED:良いアイデアが何処から産まれるのか?

Steven Johnson: Where good ideas come from

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.214 (ウガンダ日記)

ウガンダ最後の夜。明日の昼には空港に向かい出国する。 こちらに来るまでは45日という期間がとても長

記事を読む

ソーシャルな翻訳サービスConyacを試してみた

面白そうな翻訳サービスを教えて頂いたので、アカウントを登録し、試しにブログ記事の英訳をお願いしてみま

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.222 (東ティモール日記)

* 2011年10月16日 日曜日- 11:14 これからマリアナの現場に向かいます。

記事を読む

楽天のKoboには感じられないKindleの可能性

Kindleがリリースされ「読書のソーシャル化」が一気に広がりそうです。 本を読むのに紙が良いか、

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.194 (ウガンダ日記)

これからアガゴ県の岩山に登ります。 車で3時間、歩いて5時間らしい。 てっぺんまで登れ

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.198 (ウガンダ日記)

キトグムからグル市に移動中。 今日明日でグル県の残道路二本を調査する。 月曜日にカンパラに

記事を読む

投稿テスト

するぷろから投稿テスト Posted from するぷろ for iPhone.

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.227 (東ティモール日記)

2011/10/23 13:27  Map 2011/10/23 13:28&#

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.193 (ウガンダ日記)

今日は事務所で資料整理。 車に乗らないで良いだけで助かる。 2011/07/02 10

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスを他の人に広げる方法

   photo credit: dmitryzh

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑