日刊モヨリNo.213 (ウガンダ日記)

公開日: : 最終更新日:2015/08/15 日記的な物

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

一昨日アップし忘れたので今日ポスト

Image(203)

朝ごはん。
朝から点心が出てくるのは隣が中華料理店だからか(笑)
2011/07/23 8:02  Map

明日、協力隊としてこちらに来てらっしゃる方と晩御飯を食べることになった。
たのしみだ。
2011/07/23 8:07  Map

カンパラは本当に涼しい。
赤道直下の国とは思えない。
人の良さとこの気候だけ日本に持って帰りたい。
2011/07/23 8:14  Map

今日は一日Hotelの部屋で黙々、ダラダラと仕事をしていた。
結構はかどって良かった。
やはり、ラップトップだと画面が小さいからエクセル作業は大変だ。
2011/07/23 18:55  Map

晩御飯はまたHotelの中華料理店内。
今日は腹巻と、ワンタンスープ、焼きそばを注文。
量が心配だ。。
2011/07/23 18:56  Map

Image(204)

美味しいのだが、春巻きのタレが。。
タレはしょうゆベースでないとね
2011/07/23 19:15  Map

お腹いっぱい。。。
苦しい。
2011/07/23 19:33  Map


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

Twitterへの自動投稿プラグイン動作テスト

サイトへの投稿を自動的にTwitteにポストするプラグインの動作確認。

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.195 (ウガンダ日記)

今日のヤギ。 早く子ヤギ産まないかな。 2011/07/04 9:11  M

記事を読む

東ラ研タスク管理分科会の感想

先週の日曜日に開催した東ラ研タスク管理分科会の感想について報告したいと思います。参加した皆さんが

記事を読む

お題:GTD(タスク管理)に出会ったきっかけは何ですか?に答えて頂いたブログ記事 計7本

先日ポストした記事のお題へ、数名の方が答えて下さったので、こちらで紹介したいと思います。 お題と

記事を読む

IDEOSにe-mobileのSIMカードを差してみた

B-mobileのSIMカードは通信速度が遅いので、イーモバイルのPocket-wifiに入っている

記事を読む

第二領域のタスクを生活習慣に取り入れるための3つのステップ

photo credit: Pete Boyd via photopin cc 7つの習慣

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.203 (ウガンダ日記)

シャングリラホテルに置いてあった日本の雑誌。 見出しがひどいな。 これでは福島県が余り

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.184 (ウガンダ日記)

- 2011年6月23日 木曜日 8:49 ウガンダで買った殺虫剤は凄い強力。 事務所の中

記事を読む

WBS(Work Breakdown Structure)という業務管理手法について

photo credit: Leo Reynolds via photopin cc 私が

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.180 (ウガンダ日記)

寝る時間が早かったのか時差のせいか分からないが、夜中の一時に目が覚める。 ここはちゃんと寝ておこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑