日刊モヨリNo.212 (ウガンダ日記)

公開日: : 最終更新日:2015/08/15 日記的な物

Pocket
LINEで送る

Image(197)

昨日の中華がお腹がもたれ気味。
今朝は軽めに。
2011/07/24 8:28  Map

Image(198)

足元をホロホロ鳥がウロウロしています。
マッシュドポテトをあげたら喜んで食べてた。
こいつの肉はチキンよりも美味しいらしい。
食べられませんように。。
2011/07/24 8:29  Map

Image(199)

晩御飯は海外協力青年隊として活動されている方と、韓国料理のお店に行ってきました。
2011/07/24 22:56  Map

Image(200)

チヂミは日本で食べるのと同じくらい美味しかった!
2011/07/24 22:57  Map

Image(201)

店内はこんなかんじ。
2011/07/24 22:57  Map

Image(202)

2011/07/24 22:57  Map

じつはその@nakagawaさん。
家が練馬ということで、すごく近所。
たぶん歩いて行けば五分くらいの所じゃないのかな。
ウガンダにきてそんな人に出会えるとは思わなかった。
2011/07/24 23:06  Map

海外での生活、仕事のこと、iPhone、Evernote、GTDのこと、これからの事、ウガンダの未来のこと、色々沢山話せて凄く楽しかった。
2011/07/24 23:10  Map


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

no image

日刊モヨリNo.202 (ウガンダ日記)

ウガンダではやっとよが明けて来ました。 2011/07/11 6:35  Map

記事を読む

思い出のかたち

ちょうど去年の年末、引越しの段取りや荷物の片付けでバタバタしていた頃の話。 僕の実家は長崎市、

記事を読む

Twitterへの自動投稿プラグイン動作テスト

サイトへの投稿を自動的にTwitteにポストするプラグインの動作確認。

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.205 (ウガンダ日記)

くそう。蚊帳が外れて落ちて来た、、 蚊帳が無いと周りでブンブンうるさくっ寝れないんだよな。。

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.227 (東ティモール日記)

2011/10/23 13:27  Map 2011/10/23 13:28&#

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.222 (東ティモール日記)

* 2011年10月16日 日曜日- 11:14 これからマリアナの現場に向かいます。

記事を読む

(仮称)東ラ研タスク管理分科会を準備してます

7/25日に開催された東京ライフハック研究会Vol.1の分科会として、(仮称)東ラ研タスク管理分科会

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.220 (東ティモール日記)

今日の朝ごはん。 2011/10/14 7:48  Map これから生活物

記事を読む

東ラ研タスク管理分科会Vol.3に参加しました

これで三回目となるタスク管理分科会。 今回も前回と同じくらい、いやそれ以上に盛り上がったと

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.209 (ウガンダ日記)

ウガンダのニュースでナデシコのニュースを見た。 ダイジェストを見たけど、すごい試合だったんだね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑