日刊モヨリNo.212 (ウガンダ日記)

公開日: : 最終更新日:2015/08/15 日記的な物

Pocket
LINEで送る

Image(197)

昨日の中華がお腹がもたれ気味。
今朝は軽めに。
2011/07/24 8:28  Map

Image(198)

足元をホロホロ鳥がウロウロしています。
マッシュドポテトをあげたら喜んで食べてた。
こいつの肉はチキンよりも美味しいらしい。
食べられませんように。。
2011/07/24 8:29  Map

Image(199)

晩御飯は海外協力青年隊として活動されている方と、韓国料理のお店に行ってきました。
2011/07/24 22:56  Map

Image(200)

チヂミは日本で食べるのと同じくらい美味しかった!
2011/07/24 22:57  Map

Image(201)

店内はこんなかんじ。
2011/07/24 22:57  Map

Image(202)

2011/07/24 22:57  Map

じつはその@nakagawaさん。
家が練馬ということで、すごく近所。
たぶん歩いて行けば五分くらいの所じゃないのかな。
ウガンダにきてそんな人に出会えるとは思わなかった。
2011/07/24 23:06  Map

海外での生活、仕事のこと、iPhone、Evernote、GTDのこと、これからの事、ウガンダの未来のこと、色々沢山話せて凄く楽しかった。
2011/07/24 23:10  Map


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

no image

日刊モヨリNo.190 (ウガンダ日記)

今日の朝ごはんは茹で過ぎたナポリタン。 Map 田舎のおばぁちゃんが作るとこんな感じになる

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.186 (ウガンダ日記)

- 2011年6月25日 土曜日 0:15 同じ部屋で寝泊まりすると、必然的に話が弾む。

記事を読む

仕事術から仕事力、そして人間力へ

photo credit: dsevilla via photopin cc @ras

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.203 (ウガンダ日記)

シャングリラホテルに置いてあった日本の雑誌。 見出しがひどいな。 これでは福島県が余り

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.204 (ウガンダ日記)

これからキトグムに帰る! カンパラでの生活は天国だった!! 2011/07/13 8:25

記事を読む

ブログを再開してみた

AOLブログからExciteブログ、Seesaaブログ、独自ドメインを取得してMTで作成と、結構

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.187 (ウガンダ日記)

- 2011年6月26日 日曜日 11:10 一緒に行動していた2人がグルに戻る。 一人は

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.202 (ウガンダ日記)

ウガンダではやっとよが明けて来ました。 2011/07/11 6:35  Map

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.215 (ウガンダ日記)

※帰国の一日目が抜けていたので、それを繋げて再アップ さて、明日も早いから寝ることにしよう。

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.178

定刻通りに成田から飛び立ったアシアナ航空OZ105便は順調に高度を上げ、トランジットの目的地であるソ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑