Nozbeのデスクトップ版にタスクのテンプレート機能が追加されました。これはチェックリストの登録に便利

公開日: : 最終更新日:2013/11/30 Nozbeの使い方

Pocket
LINEで送る

今回のバージョンアップで、タスクリストのテンプレート機能が追加され、なかなか使えそうな予感です。

NextActionをラベルでフィルタリング出来ないという欠点は残ってますが、そろそろWeb版から完全に乗り換えても良さそうな仕上がりに達したようです。
ではテンプレートの作り方について紹介したいと思います。

■テンプレート作成

先ずは、テンプレートの元となるプロジェクトを作成します。
仮のタスクを三つほど登録しました。

▼テンプレート用のプロジェクトを作るImage(183)

次は、画面下に新しく追加されたアイコン【Creat Temprate】をクリックします。

▼テンプレート作成のアイコンをクリックImage(184)

テンプレートの名称を入力する窓が開くので、任意の名称を入力します。
ちなみに、既存のテンプレートに上書きすることも可能です。

▼テンプレートの名称を入力Image(185)

■テンプレートの呼び出し

作成したテンプレートを呼び出すには、プロジェクトの作成アイコンをクリックします。
プロジェクト名称入力欄の横にあるアイコン。これが先ほど作成したプロジェクトを呼び出すためのアイコンです。

▼テンプレート呼び出しのアイコンをクリックImage(186)

アイコンをクリックすると、テンプレートの一覧が表示されます。
先ほど作成した「TEST」という名称のテンプレートが見えますのでクリックします。

▼呼び出したいテンプレートをクリック
Image(187)

すると、先ほど登録したTESTという名称のプロジェクトが複製されました。

▼呼び出されたテンプレート
Image(188)

■テンプレートの使い方

テンプレート機能の活用方法ですが、一番良さそうなのがチェックリストをテンプレートとして登録しておくことです。

私は出社時、昼休み後、終業時にやることのチェックリストを作っていますが、このような細やかなものをテンプレート化出来れば、タスク実行時の抜けをなくし、その確実度を高めることが出来るでしょう。

 

始業時レビュー

Image(13) メールチェック

Image(13)スケジューラー確認・登録

Image(13)手帳の内容確認

Image(13)43Folderの整理

Image(13)inboxの整理

Image(13)各コンテキストの確認

Image(13)Nozbeコメントの処理

Image(13)クローズドタスクの作成

Image(13)TaskChuteへの転送・並び替え

Image(13)その他事務連絡等

中間レビュー

Image(13)掲示板確認

Image(13)デスクトップの整理

Image(13)交通費精算

Image(13)出張精算

Image(13)名刺の整理

Image(13)協議資料のスキャニング

終業時レビュー

Image(13)机の回りの片付け

Image(13)明日のタスクリスト調整

Image(13)作業日報記入

デスクトップ版もようやく実用レベルに到達してきたようです。

出来れば同じ機能はWeb版やiOSアプリにも実装して欲しいものです。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

Nozbeの使い方(タスク入力に必要な数秒をギリギリまで削りたい)

クラウドサービスのメリットは、ネットに接続できる環境さえあれば接続するデバイスを問わないことですね。

記事を読む

国内、国外におけるクラウド活用の試みについて

私が仕事で使っている主なクラウドツールは ・Dropbox ・Nozbe ・Evernote

記事を読む

プロジェクト

プロジェクトを並べ替えるには? 順番を変えるには、プロジェクトをドラッグし

記事を読む

Nozbeの使い方~その7(NozbeとEvernoteを連携させる)

Nozbeの売りの一つがEvernoteとデータ連携が出来ることです。 もちろんNozbe

記事を読む

Nozbeのモバイル版がアップデートして意外と使いやすいかも

Nozbeのモバイル版がアップデートされましたね。モバイル版というのは、iOSやAndroid用のア

記事を読む

Nozbeの使い方~その11(信頼できるシステムについて)

■信頼できるシステムとは何か? GTDの最初のステップとして、頭の中にある気になる事全て

記事を読む

Nozbeの使い方~その10(意外と便利なワンクリック)

タスクレビューを行う際に知っておくと便利な機能を一つ紹介します。 Nozbeはこういった細

記事を読む

Nozbeのハイコントラストバージョンがなんだか凄い

Nozbeのβ版をお知らせするサイトで、デスクトップクライアントのハイコントラスト版がリリースされ

記事を読む

Nozbeの使い方~その3(ラベルとコンテキストの使い分け)

■ ラベル 複数のシングルアクション(タスク)が集まったものがプロジェクトとなり、複数のプ

記事を読む

Nozbeの使い方~その2(Outlookから乗り換えた理由)

今回は、Outlookで実践していたGTDのタスクリストを、Nozbeに移した際に感じた事につい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑