Windowsユーザ向けブログエディタの決定版!Windows Live Writerがあまりに便利!!への補足

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 Blog

Pocket
LINEで送る

こちらの記事でWindowsユーザー向けのブログエディタとしてWindows Live Writerが勧められていますが、私もこのブログの記事をサーバーにアップロードするのにこのアプリを使っています。

 

Windowsユーザ向けブログエディタの決定版!Windows Live Writerがあまりに便利!! | jMatsuzaki

このアプリが高機能で使いやすいのは、△この記事の通りなのですが、もう一点だけ追記したいと思います。

 

自分自身のブログの書き方から説明する必要があるのですが、今回の記事のように、他の記事に触発され突発的に書くもの以外は、ふと頭に浮かんだキーワードをEvernoteの中で膨らませ、単語を繋ぎ、センテンスを組み立て文章化させたものをブログの記事にしています。

その流れを紹介しているのが▽こちらの記事ですね。

ただの記憶の保管庫ではない!Evernoteを使って新しいアイデアを産み出す方法 – このまま一生β版

簡単にいうと、アイデアの拾い出しから熟成、ブログへ投稿する文章の下書き作成の全てをEvernoteで行なっているという事です。

 

Evernoteをブログ(下書き)のエディタとして使うメリットの一つは、この様に、アイデアが生まれた所から、文章化させるまでの全てを一つのアプリ(Evernote)の中で完結させられること。

もう一つは、Evernoteの画面キャプチャー機能を使って、簡単にPC画面のキャプチャーを本文中に貼り付けられることです。

 

ためしに、この記事を書いている画面をこの下に挿入してみましょう。

Image(11)

Evernoteを立ちあげている状態で【Ctrl+Ptsc】を押すと、選択範囲の画面キャプチャーデータをクリップボードに保存出来るので、それをEvernoteの文章に貼り付けます。

文章を書きながら、そのアプリで画面のキャプチャーを行い、挿入まで出来るのは非常便利。必要であればその画層を別アプリで注釈をつけます。

 

Windows Live Writerの話に戻りますが、このアプリが便利なのは、このようにしてEvernoteで書き上げたブログの下書きを、画像と一緒に貼り付けられることです。

では、この先はEvernoteで書いている下書き文章をWindows Live Writerに貼り付け、記事を仕上げを行いたいと思います。

ScreenClip(135)

△この画像が、Evernoteの下書きををWindows Live Writerに貼りつけた直後のキャプチャーです。

画像の大きさが小さいので、画像編集機能で適切な大きさに整え、改行などの調整をすれば投稿出来る下書きの完成です。

 

Windows Live Writerの便利な所というより、Evernoteをブログの下書きエディタとして使う事の紹介になってしまいましたが、便利なソフトを組み合わせることで、使い勝手が更に向上するということですね。

今回のアップデートで伺えるEvernoteが進もうとしている二つの方向性 – このまま一生β版

△この記事でEvernoteの画像編集機能についてのアップデート内容を紹介しましたが、WindowsでもSkitchが使えるようになれば、ブログの下書きから画像挿入~注釈作成という、ブログ記事(下書き)の全てをEvernoteで出来るのにな。。。と妄想しています。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChuteの3つを組み合わせることで一つ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑