QRコードを使ってEvernoteと物との間で情報を関連付ける方法

Pocket

先日の「Evernote デベロッパー・コンペティション決勝戦」で優勝した、物とEvernoteのノートを関連付ける非接触タイプのNFCタグについて考えていたら、もう少し簡単に実現できるアイデアを思いついたので記事にしてみたいと思います。

方法はとても簡単、ノートのリンクをクリップしそのURLをQRコード作成サイトでコード化するだけ。QRコードが出来たらプリントアウトし、ノートに関連付けたい物に貼り付けます。
そのコードをiPhoneのリーダーアプリで読み取れば、はい、iPhoneの画面でそのノートを閲覧することが出来ます。

簡単に手順を説明します。
QRコードに関連付けたいノートを右クリックして、ノートのURLを取得します。ここではGIGAZINEで取り上げられていた記事のWEBクリップのリンクを取得します。 
ScreenClip1   
 
QRコード作成サービスを開き、先ほど取得したURLをペースト。 
ScreenClip3

コード作成のボタンをクリックし、ペーストしたURLに対応したQRコードを生成させます。 
ScreenClip7
試しに、画面上のQRコードをリーダーアプリで読み取ってみましょう。
ScreenClip5
はい! 最初にリンクを取得したEvernoteのWebクリップノートがiPhoneで表示されました。
ScreenClip6

非常に簡単なステップ。右クリップでURLを取得してから、コードを生成するまでわずか3クリックです。あとは、このコードをプリントアウトし、ノートに関連付けたい物に貼り付けるだけです。

物と情報を直接繋げることは、日常生活の風景をがらりと変える可能性を秘めています。
自宅では家電とそのマニュアルをリンクさせる位しか活用方法が思いつきませんが、複雑な機械が並ぶ工場では活用の範囲も広がるでしょう。また、公共から一歩下がった民間が行う街づくりでは、街の情報をその場で提供するデジタルサイネーシにも活用出来るかもしれません。
関連記事:
iPhoneアプリとQRコードを組合わせたデジタルサイネージについて考えてみた

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.