日刊モヨリNo.222 (東ティモール日記)

公開日: : 最終更新日:2015/08/21 日記的な物

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

* 2011年10月16日 日曜日- 11:14
100-m

これからマリアナの現場に向かいます。
ホテルのマネージャーによると安全運転で4時間位かかるとのこと。
– 13:19
101-m
途中で道沿いのレストランに入り昼ご飯
壁にはとこかの国のアイドル?の写真。
– 13:23
102-m
木と竹で作ったお店
– 13:24
103-m
鳥の揚げたものとチマキを食べる。
– 13:24
104-m
ナイフで切って食べる
周りを包んでいるココナツの皮の香りがついて、ほんのり甘い味だ。
– 13:25
105-m
屋根も全て木とヤシの葉で作られている。
– 13:40
106-m
沿道の様子。
似たようなお店が沢山並んでいる。
– 16:26
107-m
今日から宿泊する宿
最初に予約をとっていたホテルが手違いで泊まれなかった。
Risky Hotelという名前がそもそも怪しかったw
– 17:35
108-m
晩ご飯を食べに近くのレストランへ
– 17:35
109-m
店内の様子
– 17:36
110-m
注文した料理をシェアして食べる。
出で来たご飯の量が多過ぎで笑った。。
– 18:36
色々な野菜が売ってます。
– 18:36
近くのマーケットに生活物資を買いに行く
– 18:42
今朝から体調がイマイチでクルマの中でもずっと寝てしまった。
途中、素晴らしい景色の場所や、かなり危険な場所も通ったらしいのだが、ぜんぜん気がつかなかった。
とても残念だ。。

明日から現場を回ることになるから今日は早めに休んで体力温存しておこう。
それにしても暑い、、
– 18:45
114-m
今いるところはここね。青い点がついている所です。
首都ディリから車で4時間のマリアナという町。
こんな僻地なのに、レストランで食事中、日本の自衛官と会ったのは驚いた。
– 21:17

晩ご飯から帰って来てずっと寝てた。。。
おかげで頭スッキリ!
今日の気分の悪さは疲れが溜まってたのが原因だったのかも。

しかし、この時間まで寝てたらよるにねれないなぁ。
とりあえず本でも読んで眠くなるのを待つしかない。
– 21:20

因みに今日のホテルは三部屋取れなかったので、先輩との相部屋です。
– 21:38

部屋が暑くて寝れないのでアニメを見る。
東ティモールで宇宙戦艦ヤマト(笑)


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

IDEOSにe-mobileのSIMカードを差してみた

B-mobileのSIMカードは通信速度が遅いので、イーモバイルのPocket-wifiに入っている

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.203 (ウガンダ日記)

シャングリラホテルに置いてあった日本の雑誌。 見出しがひどいな。 これでは福島県が余り

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.207 (ウガンダ日記)

さて、これから朝ごはん。 昨晩も良く寝られなかった。 撃墜した蚊の数、20以上! 今

記事を読む

仕事術から仕事力、そして人間力へ

photo credit: dsevilla via photopin cc @ras

記事を読む

東ラ研タスク管理分科会の感想

先週の日曜日に開催した東ラ研タスク管理分科会の感想について報告したいと思います。参加した皆さんが

記事を読む

The difference between GTD’s Next Action and a simple to-do list

■GTD for me It has been several years since I

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.220 (東ティモール日記)

今日の朝ごはん。 2011/10/14 7:48  Map これから生活物

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.209 (ウガンダ日記)

ウガンダのニュースでナデシコのニュースを見た。 ダイジェストを見たけど、すごい試合だったんだね。

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.225 (東ティモール日記)

ホテルの食堂は早く行かないと残りかすになってしまいます 2011/10/20 8:13

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.187 (ウガンダ日記)

- 2011年6月26日 日曜日 11:10 一緒に行動していた2人がグルに戻る。 一人は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑