日刊モヨリNo.207 (ウガンダ日記)

公開日: : 最終更新日:2015/08/15 日記的な物

Pocket
LINEで送る

さて、これから朝ごはん。
昨晩も良く寝られなかった。
撃墜した蚊の数、20以上!
今日は別の部屋に移動させてもらう予定。
2011/07/16 7:40  Map

Image(174)

お昼ご飯は秘書のナンシーにラーメンを調理してもらった。
スタッフのデニスと三人で昼ご飯。
2011/07/16 21:56  Map

Image(175)

スタッフのデニス。
昔日本大使館で働いていたらしい。
日本以上に就職難なのだろうか、、ハウスキーパーとして採用したナンシーも大学出で、打合せに連れて行くと、その場でさらさらと議事録を書き、コピーを取って相手に渡せるくらい。
そんな実力を認めさせ、ハウスキーパーを別途雇い、彼女は事務所やスタッフ、出納の管理を任される事になった。
2011/07/16 22:02  Map

今朝はこのデニスとスタッフの残業問題について話をした。
プロフェッショナルとしてスタッフはどうあるべきか、、などを聞かされる。
日本の残業問題、特にサービス残業について話をしたら、流石に驚いていた。
2011/07/16 22:05  Map

Image(176)

晩御飯はベジタブルカレー。
もう少しとろみとコクと辛さが欲しい。
2011/07/16 22:06  Map

Image(177)

ビール一本とカレーを合わせて約400円。
それにしてもこちらの紙幣はボロボロだ。
2011/07/16 22:07  Map


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

no image

日刊モヨリNo.189 (ウガンダ日記)

- 2011年6月28日 火曜日 7:51 写真をとり忘れたけど、今朝のご飯はスパニッシュオム

記事を読む

no image

日刊モヨリ増刊号

トランジットの前に再度手荷物検査 これはレクチャー通りだね。 それにしてもwifi拾え

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.204 (ウガンダ日記)

これからキトグムに帰る! カンパラでの生活は天国だった!! 2011/07/13 8:25

記事を読む

IDEOSにe-mobileのSIMカードを差してみた

B-mobileのSIMカードは通信速度が遅いので、イーモバイルのPocket-wifiに入っている

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.180 (ウガンダ日記)

寝る時間が早かったのか時差のせいか分からないが、夜中の一時に目が覚める。 ここはちゃんと寝ておこ

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.182 (ウガンダ日記)

目が覚めた。 こちらの生活はどうしても早寝早起きになってしまう。 そとでは雷の音が響いてい

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.225 (東ティモール日記)

ホテルの食堂は早く行かないと残りかすになってしまいます 2011/10/20 8:13

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.226 (東ティモール日記)

ホテルの駐車場。 今日は午前中に二件の打ち合わせ。 この二週間の報告を行います。 2

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.186 (ウガンダ日記)

- 2011年6月25日 土曜日 0:15 同じ部屋で寝泊まりすると、必然的に話が弾む。

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.201 (ウガンダ日記)

今日の朝ごはんもフルーツのみ。 胃腸が休まりますよ。 2011/07/10 8:44&

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑