日刊モヨリNo.207 (ウガンダ日記)

公開日: : 最終更新日:2015/08/15 日記的な物

Pocket

さて、これから朝ごはん。
昨晩も良く寝られなかった。
撃墜した蚊の数、20以上!
今日は別の部屋に移動させてもらう予定。
2011/07/16 7:40  Map

Image(174)

お昼ご飯は秘書のナンシーにラーメンを調理してもらった。
スタッフのデニスと三人で昼ご飯。
2011/07/16 21:56  Map

Image(175)

スタッフのデニス。
昔日本大使館で働いていたらしい。
日本以上に就職難なのだろうか、、ハウスキーパーとして採用したナンシーも大学出で、打合せに連れて行くと、その場でさらさらと議事録を書き、コピーを取って相手に渡せるくらい。
そんな実力を認めさせ、ハウスキーパーを別途雇い、彼女は事務所やスタッフ、出納の管理を任される事になった。
2011/07/16 22:02  Map

今朝はこのデニスとスタッフの残業問題について話をした。
プロフェッショナルとしてスタッフはどうあるべきか、、などを聞かされる。
日本の残業問題、特にサービス残業について話をしたら、流石に驚いていた。
2011/07/16 22:05  Map

Image(176)

晩御飯はベジタブルカレー。
もう少しとろみとコクと辛さが欲しい。
2011/07/16 22:06  Map

Image(177)

ビール一本とカレーを合わせて約400円。
それにしてもこちらの紙幣はボロボロだ。
2011/07/16 22:07  Map

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

no image

日刊モヨリNo.181 (ウガンダ日記)

これは前日のまとめ。 これからホテルに帰る。 一分でも早くシャワー浴びたい。 201

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.206 (ウガンダ日記)

蚊帳の無い夜は辛かった。30分毎に襲ってくる奴らを撃退する為に電気を消す事も出来ず、手元には電撃蚊取

記事を読む

わが子に贈るライフハック

「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」 この本はタイトルを思い浮かべるだけで目に涙が浮かびます。 

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.201 (ウガンダ日記)

今日の朝ごはんもフルーツのみ。 胃腸が休まりますよ。 2011/07/10 8:44&

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.217 (東ティモール日記)

午前6時の練馬駅。これから成田空港に向かいます。 2011/10/10 6:06 

記事を読む

楽天のKoboには感じられないKindleの可能性

Kindleがリリースされ「読書のソーシャル化」が一気に広がりそうです。 本を読むのに紙が良いか、

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.210 (ウガンダ日記)

久しぶりに鏡をみたら、見事な焼けっぷりに驚いた! 2011/07/20 7:10 

記事を読む

IDEOSにe-mobileのSIMカードを差してみた

B-mobileのSIMカードは通信速度が遅いので、イーモバイルのPocket-wifiに入っている

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.189 (ウガンダ日記)

- 2011年6月28日 火曜日 7:51 写真をとり忘れたけど、今朝のご飯はスパニッシュオム

記事を読む

no image

日刊モヨリNo.196 (ウガンダ日記)

今日の調査開始。 うまく行けば今日でほぼ全ての道路調査が終了する予定。 2011/07/0

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マインドフルネスを他の人に広げる方法

   photo credit: dmitryzh

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑