モレスキンへの書き込みをSHOT NOTEでデータ化する方法~その2

Pocket

性懲りにもなく、モレスキンへの書き込みをSHOT NOTEでデータ化する方法 の続編です。
目的はモレスキンへの書き込みをショットノートで取り込むための丈夫な枠を作ること。

先ずはノートの大きさに合うようコピー機で119%に拡大します。
Image00


拡大した紙の裏に両面テープを貼り付けます。
Image01 

読み取り用マーカーの内側、外側にそって紙を切り抜きます。
Image02 

切り取った枠に再度両面テープを貼って、クリアファイルに貼り付けます。
Image03 

クリアファイルを貼りつけたことで強度が増したと思ったのですが、中が開いていると若干強度不足。。
Image04 

もう一度クリアファイルに貼り付け外側だけを切り取りました。これで何とか使えそうな感じです。
Image05 

モレスキンでなくても、この枠を重ねることでどんな資料でもマージ出来ます。
Image06 


こんな感じ。
Image07 

ほぼ日手帳だって切り取れます(笑)
Image08 

モレスキンに挟んでおけば、何時でも簡単に取り出して使えますね。
Image09 

正直言ってどんな場面で使えばよいか思いつきません。。。
だって情報を写真に撮影してEvernoteに送るだけならFEsnapで充分ですもんね(笑)

Related Articles:

Nozbe
電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら

Nozbe のFreeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です