モレスキンへの書き込みをSHOT NOTEでデータ化する方法~その2

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 アイデア

Pocket
LINEで送る

性懲りにもなく、モレスキンへの書き込みをSHOT NOTEでデータ化する方法 の続編です。
目的はモレスキンへの書き込みをショットノートで取り込むための丈夫な枠を作ること。

先ずはノートの大きさに合うようコピー機で119%に拡大します。
Image00


拡大した紙の裏に両面テープを貼り付けます。
Image01 

読み取り用マーカーの内側、外側にそって紙を切り抜きます。
Image02 

切り取った枠に再度両面テープを貼って、クリアファイルに貼り付けます。
Image03 

クリアファイルを貼りつけたことで強度が増したと思ったのですが、中が開いていると若干強度不足。。
Image04 

もう一度クリアファイルに貼り付け外側だけを切り取りました。これで何とか使えそうな感じです。
Image05 

モレスキンでなくても、この枠を重ねることでどんな資料でもマージ出来ます。
Image06 


こんな感じ。
Image07 

ほぼ日手帳だって切り取れます(笑)
Image08 

モレスキンに挟んでおけば、何時でも簡単に取り出して使えますね。
Image09 

正直言ってどんな場面で使えばよいか思いつきません。。。
だって情報を写真に撮影してEvernoteに送るだけならFEsnapで充分ですもんね(笑)


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

ただの記憶の保管庫ではない!Evernoteを使って新しいアイデアを産み出す方法

Evernoteの中で、これだけは失いたくないノートブックはありますか? Webクリップや仕事で使

記事を読む

Evernoteのリマインド機能と共有ノートブックの可能性

私がEvernoteの可能性として期待しているのが、ノートブックのソーシャル化です。これに関してはこ

記事を読む

NozbeのタスクをQRコードで呼び出す方法

これまではQRコードを使ってEvernoteノートと物とのデータ連携について考えてみました。

記事を読む

創造的なアイデアを妨げるもの、産み出すもの

■頭に浮かんだイメージ 仕事中や道を歩いている時、自宅でお風呂に入っている時や布団に入っている時、ア

記事を読む

NozbeとEvernoteとDropboxの連携と使い分け

私が日常的に使っている三つのクラウドサービスの使い分けを一文で書くとすると「TodoリストはNozb

記事を読む

クラウドの時代にリニアモーターカーが運ぶべきものは何か

子供の頃に読んだ科学雑誌。そこに載っていたリニアモーターカーの特集に心を踊らせていたのは、も

記事を読む

EvernoteとQRコードで押入れのダンボールを見える化する

購入する度に増えていく家電製品の操作説明書。普段ほとんど目にすることはありませんが、機械に何かト

記事を読む

no image

Time is MoneyからTime as Moneyへ~その2

仕事の報酬としてお金ではなく、時間をやり取りすれば、労働力の流動化が進み、仕事のきっかけが見つかっ

記事を読む

拡張現実の活用方法について考えてみた

iPhoneアプリの「セカイカメラ」がアップルストアに公式リリースされたのは、たしか2009年の

記事を読む

no image

Time is MoneyからTime as Moneyへ

photo credit: Tax Credits via photo pincc お金

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑