Mannmoth Project の使い方:Project作成

公開日: : Blog

Pocket
LINEで送る

個人的なタスク管理は、Evernote、NozbeTaskChuteの3つを組み合わせることで一つの流れが完成しているので、ここ数年は新しいツールを模索するなんて殆どしてませんでした。

そうね、周りをみてみるとNozbeよりTodoistの方が洗練されていて使いやすそう、、、と感じながらも、一度構築した信頼できるシステムを壊して再構築するなんて時間のムダ、それこそツールに振り回されて本来のタスク管理を行う目的を忘れてしまいそう。

まぁ、そんな気持ちでいたのですが、久しぶりに面白そうなツールを見つけましたので、少し触ってみようと思ったわけです。それがMammothProject。

このツールの面白いところは、登録したタスクを様々な視点、切り口で閲覧することが出来ること。例えば単純なリスト形式、プロジェクトマップ、カンバン方式、スケジュール、ガントチャート など。

このサービスは、タスクリストの一群を様々な視点で表示させることで、各タスクのステータス、GTD的にはコンテキストを明確にし、タスク管理、さらにはチーム内のプロジェクト管理をスムーズに行うことを目的にしてるのです。

今日から数回、仮想のプロジェクトを作ってこのサービス、MammothProjectの使い方を紹介したいと思います。

Project作成

サービスへの登録は無料、一人で使用するだけであればそのまま無料で使用出来ます。複数のメンバーで使用するには500円/月の使用料が生じます。

まずは登録後の初期画面でProjectの新規作成を行います。

ScreenClip

仮想Projectとして「電子書籍の改定プロジェクト」を作ってみました。出版されれてから3年が経過し、書籍で紹介しているサービスの内容も大きく変わってきましたしね。

ScreenClip(1)

プロジェクトが増えてきた最、視認性を良くするため、目印になる画像をアップしておきましょう。今回は書籍のカバー画像を使いました。

ScreenClip(2)

これでプロジェクトの新規作成が完了しました。次はプロジェクトを開き、具体的なタスクを登録していきます。

ScreenClip(3)

今回はここまで。

次回の記事は、書籍の改定を行うにはどんな段取りが必要か?わりと真剣に考えながらサービスの使い方を紹介したいと思います。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

no image

Windowsユーザ向けブログエディタの決定版!Windows Live Writerがあまりに便利!!への補足

こちらの記事でWindowsユーザー向けのブログエディタとしてWindows Live Write

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑