Googleドライブのスプレッドシートにアドオンの追加機能が実装されて可能性が広がった

公開日: : クラウド

Pocket
LINEで送る

Googleドライブのスプレッドシートにアドオンを追加する機能が実装されました。

Microsoft OfficeのExcelに比べると、機能はまだまだ貧弱でそれに取って代わるものにはなりませんが、色々なアドオンを載せることで、逆にExcelでは出来ないことを簡単に出来るようになる。

そんな未来を感じさせるような内容です。

いくつかあるアドオンの中から、Google Analyticsを選んでみました。

ScreenClip(2)

おそらく、Google Analyticsの情報を自動的にインポートして、スプレッドシートに表示させるのだと予想されます。

追加ボタンを押すと、アカウントにアクセスする権限についての承認を求められます。

ScreenClip(3)

アドオンの追加後、そのデータを取得するには、メニューの「アドオン」から新しいレポートの追加を選択します。

ScreenClip(4)

画面右側に表示される管理画面から、レポートで取得するデータの詳細を選択します。

ScreenClip(5)

レポートの作成ボタンを押すと、その結果についてのウィンドウが表示されます。

ScreenClip(6)

画像の下に何かエラーメッセージが出ていますが、原因はよくわかりません。

ScreenClip(7)

これが、作成されたレポートですね。

PageViewsの項目に1796という数字が入っているのが確認出来ます。

今回はGoogle Analyticsのアドオンを試してみましたが、他にも色々な種類のアドオンがあり、これからその数はもっと増えていくでしょう。

以前、スプレッドシートの可能性として、外部データとの連携についての記事を書きました。

クラウドによりクラウド化されるものは何か?

今回のアップデートは、この方向性を加速させる強力な一歩だと感じます。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

これで日本語入力の環境を統一出来る!GoogleIMEのユーザー辞書をクラウドで同期する方法

ブロガーでなくとも、会社や自宅でパソコンを使い作業を行う人にとって、自分の頭の中にある言葉を

記事を読む

OutlookとGoogoleカレンダーの連携

外出先や Outlookがインストールされていない場合、Outlookの代替としてGoogleカ

記事を読む

職場でクラウドツールを使う際に気をつけていること

前回の記事では、クラウドツールを活用することで、業務消化を円滑に行う方法について紹介しました。 外

記事を読む

Outlookと各種クラウドツールのデータを同期させるGsyncitの使い方

photo credit: shareski via photopin cc

記事を読む

クラウドによりクラウド化されるものは何か?

クラウドの本質はファイルがまとっている殻を取り除くことです。 ここで言うファイルと言うのは、人

記事を読む

外注した仕事の進捗状況をブラックボックスにしないための3つのツール

仕事を進める上で、その一部分を社外にアウトソーシング(外注)するのは特に珍しい事ではありません。

記事を読む

これは何だ?Outlookと複数のクラウドサービスを同期するアプリ

Outlookと複数のクラウドサービスを同期させるアプリを見つけました。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑