Nozbeのデスクトップ版についてファーストインプレッション

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 Nozbeの使い方

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

Nozbeのデスクトップβ版がMac、Windowsの両OSに対してリリースされました。

現時点ではWEB版で事足りてますが、このような新しい試みは応援したいと思いますし、β版のアプリがアップデートを重ねる中でどのような進化を見せていくか、それを見守るのもユーザーとしての楽しみの一つです。

今回はインストールの流れとファーストインプレッションについて書きたいと思います。

■インストールの流れ

・インストール用のファイルはこちらのページからダウンロード出来ます。ScreenClip(21)

・ライセンスの記載事項に了解し、次の項目へ進みます。ScreenClip(22)

・インストールを行うフォルダーを選択します。今回はデフォルトのフォルダーへインストールします。
ScreenClip(23)

・クリックを行いインストールを完了させます。ScreenClip(24)

・これでインストールは完了。
ScreenClip(25)

■ファーストインプレッション

・言語の選択は現在「英語」「日本語」の二つのみ。日本向けのサービスに力を入れているが伺えますね。
ScreenClip(26)

・ラベルの新規作成やNextActionの絞り込みなど、現時点では盛り込めていない機能が沢山ありますが、Web版で作成したタスクリストの編集、またリストを確認しながら行うタスク実行は問題なさそうです。
ScreenClip(27)

・タスクの編集画面では、異なるプロジェクトへの移動も可能です。ScreenClip(28)

・各プロジェクトに作成するノート機能も使えます。ScreenClip(30)

・各タスクに追記するコメンも可能です。ScreenClip(31)

最初に書いたとおり、機能としてはまだまだですが、WEB版で必要な画面移動にともなうデータの読み込みが必要ないため、操作性がかなり向上しているのを感じました。
この感覚はかなり重要です。付箋をPCの画面に貼り付けられるアプリがありますが、それを使用するのと、実際の付箋を画面の脇に貼るのと同じくらいスピード感が変わります。

データはクラウド上のサーバーに置き、そのデータをPCのクライアントで閲覧・編集するという流れはEvernoteと同じですね。Evernoteも、PCクライアントと同じ作業がWEB版で出来ますが、なにか特別な理由が無い限りそれをメインで使うことはないでしょう。やはり実際に作業を行うデータは、遠く離れたクラウドではなく、手元に置くことで感じる安心感があるのかもしれません。

今後のバージョンアップでは外部データの紐付けをデスクトップ版らしい内容にして欲しいです。例えば、参照ファイルの保存場所として、社内ファイルサーバーや、使用しているPCのフォルダーを指定出来ればデスクトップ版としてのメリットをもっと生かせるようになるのではないでしょうか。

あとはデザイン。。全体的にもっさりしているので、使っていて楽しくなるようなデザインにして貰えれば後は言う事ありません。


Nozbe 電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら






▼Freeアカウントではプロジェクトを5つまで作れます。
Nozbe

関連記事

Nozbeにもサブタスクを導入して欲しい件

Nozbeのユーザーフォーラムで頻繁にリクエストが上がるのがサブタスクの実装です。 タスク

記事を読む

ルーチンタスクを晒す企画に乗ってみた

@Surf_Fishさんの企画に乗っかり、私もルーチンタスクを晒したいと思います。 と、書き始

記事を読む

Nozbeのモバイル版がアップデートして意外と使いやすいかも

Nozbeのモバイル版がアップデートされましたね。モバイル版というのは、iOSやAndroid用のア

記事を読む

Nozbeのバージョンアップに求める12個の機能

NozbeのようなサウェブサービスはGTDのワークフローを実現するために必須の機能と併せ、タスク

記事を読む

NozbeのタスクをQRコードで呼び出す方法

これまではQRコードを使ってEvernoteノートと物とのデータ連携について考えてみました。

記事を読む

百聞は一見にしかず!EvernoteとNozbeの組合せについて閃いた

仕事場において、タスク管理のプラットホームとして使っているのがNozbeです。 自分一人のタスク管

記事を読む

Nozbeの使い方~その7(NozbeとEvernoteを連携させる)

Nozbeの売りの一つがEvernoteとデータ連携が出来ることです。 もちろんNozbe

記事を読む

NozbeのDropbox連携がやっと使えるものになった

NozbeのDropbox連携は、比較的初期の段階で実装されてました。 そういえは、これに関する記

記事を読む

Nozbeにもダブルインボックスシステムを導入してみよう

ストレスフリーを実現するため毎朝確実にレビューしているタスクリスト こちらのエントリーでも

記事を読む

やっと実用レベルまで洗練された!Nozbe1.6のファーストインプレッション

Nozbeユーザーは既にお気づきかと思いますが、Web版の画面Topに、新しいWeb版のお知らせ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Mannmoth Project の使い方(3):プロジェクトマップ形式

前回までは、プロジェクトを作成し、そこにリスト形式でタスクを追加させる

Mannmoth Project の使い方(2):タスクの追加

マンモスプロジェクトの使い方の2回目として、ツールにタスクを追加する部

Mannmoth Project の使い方:Project作成

個人的なタスク管理は、Evernote、Nozbe、TaskChute

TaskchuteCloudを使いはじめました

タイトルにあるとおり、TaskChuteCloudをプライベート時

マインドフルネスでGTDの収集のレベルを潜在意識まで掘り下げる

GTDのフローでは最初のステップとなる収集。今回はその収集されるタスク

→もっと見る

  • Nozbe
    電子書籍「あのプロジェクトチームはなぜ、いつも早く帰れるのか?」を発刊させて頂きました。執筆する際、最も力を入れた箇所、想いについてはこちら
PAGE TOP ↑